移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声

 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 

 


暗闇の夜空にぱっと煌めく花火のように、心に咲く一瞬の輝き、希望。吐息のような歌声から生まれる詞は、心の隅にそっとしまい込みそうなほど、素直な気持ちばかり。余韻として体へ響きわたり、静かに心へ沈着していく。

阿部芙蓉美、まるで自身の心に振り返るような彼女の歌には、何故だろう、一歩踏み出そうという逞しさも感じられる。

 

阿部さんにとって曲づくりとは?——

基本的に、自然に浮かんでくるものではなくて、アルバムを作りたいから、10曲を目指して曲を書く、といったような目的を持って曲を書いていますね。
印象に残ったり、物語のインスピレーションを受け取ったりすることもありますが、家に帰ってから、この言葉をタイトルにしようっていうメモとか、こういう内容の歌詞を書こうとか、他アーティストのこの曲、このサウンドをイメージして書こうとか…どうしようかなって考えて書くのが基本形ですね。どこでも書けるものではないかな。ネタ集めはするけど。自分でどれだけネタを集めて、どれをチョイスするかっていう作業が重要ですね。

 

曲を書きたい特別な瞬間ってありますか?——

素敵なライブを見たあとや、音楽で刺激を受けて、あ、私もやりたいって思ったとき。それから音楽に限らず写真を見てとか、映画を見てとか。街中で人を観察したり、なんでもきっかけになりますね。

 

刺激を受けた曲を作っている人間っていますか?——

たくさんいます。身の回りの人たちみんな刺激ですね。好みとか関係なく。みなさんいろんな要素があって刺激を受けますね。

 

至福な時間は?——

本を眺めているときかな。文字と言葉が好きで、本の活字、フォントとか、色とかそれを模様みたいに捉えて眺めているのが好き。読書家っていうわけじゃないんですけど、なんかぼーっと眺めているときが好き。漫画もすき。

 

 

関連記事

  • 開幕を明日に迫った2014年7月11日『特別展 ガウディ×井上雄彦 – シンクロする創造の源泉 – 』井上雄彦を通して見た人間ガウディ像とは!(2014/07/11)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • 「 SNIFF OUT 」= 「 嗅ぎ当てる 」 音楽フェスとアートフェスの融合を主軸とした全く新しいタイプのプロジェクト始動!!(2013/04/26)

  • 82歳の女性が国を訴えた!? 数奇な運命を辿った名画に秘められた真実の物語が、今明かされる!!(2015/11/27)

  • 数々の話題作に出演し枠にとらわれない彼の演技は、作品の屋台骨を支える!! 俳優 落合モトキ インタビュー(2014/11/17)

  • 「SNIFF OUT」参加決定 ヤノベケンジ!!瀬戸内国際芸術祭へ参戦中の小豆島へSNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に偵察!(2013/05/01)