移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声

 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 

 


暗闇の夜空にぱっと煌めく花火のように、心に咲く一瞬の輝き、希望。吐息のような歌声から生まれる詞は、心の隅にそっとしまい込みそうなほど、素直な気持ちばかり。余韻として体へ響きわたり、静かに心へ沈着していく。

阿部芙蓉美、まるで自身の心に振り返るような彼女の歌には、何故だろう、一歩踏み出そうという逞しさも感じられる。

 

阿部さんにとって曲づくりとは?——

基本的に、自然に浮かんでくるものではなくて、アルバムを作りたいから、10曲を目指して曲を書く、といったような目的を持って曲を書いていますね。
印象に残ったり、物語のインスピレーションを受け取ったりすることもありますが、家に帰ってから、この言葉をタイトルにしようっていうメモとか、こういう内容の歌詞を書こうとか、他アーティストのこの曲、このサウンドをイメージして書こうとか…どうしようかなって考えて書くのが基本形ですね。どこでも書けるものではないかな。ネタ集めはするけど。自分でどれだけネタを集めて、どれをチョイスするかっていう作業が重要ですね。

 

曲を書きたい特別な瞬間ってありますか?——

素敵なライブを見たあとや、音楽で刺激を受けて、あ、私もやりたいって思ったとき。それから音楽に限らず写真を見てとか、映画を見てとか。街中で人を観察したり、なんでもきっかけになりますね。

 

刺激を受けた曲を作っている人間っていますか?——

たくさんいます。身の回りの人たちみんな刺激ですね。好みとか関係なく。みなさんいろんな要素があって刺激を受けますね。

 

至福な時間は?——

本を眺めているときかな。文字と言葉が好きで、本の活字、フォントとか、色とかそれを模様みたいに捉えて眺めているのが好き。読書家っていうわけじゃないんですけど、なんかぼーっと眺めているときが好き。漫画もすき。

 

 

関連記事

  • 「トイレ」を堂々とオープンに語り合う企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」鈴木おさむさん×毛利衛 館長 トークイベント(2014/07/02)

  • 健康的な食生活、いくつもの旅、十分な読書と共に、生活の一部として Aesop −イソップ−創業25周年企画!(2012/10/26)

  • 2014年2月 46歳という若さでこの世を去ったフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作『誰よりも狙われた男』(2014/10/17)

  • 「アーティスト」でアカデミー賞5冠に輝いたミシェル・アザナビシウス監督が描く 衝撃の新作 『あの日の声を探して』(2015/04/28)

  • 発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、いよいよ実写映画化!!(2014/06/23)

  • 焼き茄子(2012/02/23)