柳宗理ら25人のメンバーによって協会創立されてから60周年がたった!インダストリアルデザインの今とは?そして今後求められるデザインの方向性とは?JIDA会長 浅香嵩氏が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本インダストリアルデザイナー協会

 

 

1952年に柳宗理ら25人のメンバーによって創立された、インダストリアルデザイナー協会(通称:JIDA)は昨年の2012年10月、創立60周年を迎えた。JIDAはインダストリアルデザイナー唯一の全国組織とし活動を続ける団体とし、活動を続けてきた。そして昨年、公益法人化をおこなった。 

 

インダストリアルデザインの歴史は、日本の産業発展と共に走り続けた歴史でもある。

 

しかし、近代工業デザインの現場もまた、他業種と同じく、根本的な問題に直面している。

「物作りの本質とは何なのか?」「これから工業デザインの向かう先とは?」

本来、工業デザインとは「機能から生まれる美」であり、最高の機能性を求めるために必然とシェイプされた形状に、デザイナーの感性が加わってできた、機能性と美を合わせ持ったものであった。つまりニーズに添った機能性を求めた上での、必然から生まれたデザインであったのでは、ないだろうか。しかし、現代のインダストリアルデザインの傾向を見ていると、デザイナーのデザインに対する意向が先行し、それに合わせ機能の面での制限をかけているようにすら感じるものもある。「機能性」と「美」という考えそのものが逆転の感覚になってはいないだろうか。

 

JIDAを引率する会長の浅香嵩氏から、インダストリアルデザインの現状、そして今後求める方向性について様々なお話しを伺った。

 

 

 

——60周年にともない公益法人になられた理由を教えてください。

 

私が理事長になって6年経ちますが、社会一般に関するデザインの普及啓発がまだまだ足りていないと感じる様々な場面に遭遇し、公益社団法人が持つだろう力の大きさや意味を感じました。JIDAはそのまま社団法人であれば楽だったのですが、いわゆる組織やシステムの問題だけではなく、デザイナーひとりひとりに対する呼びかけも込めた公益法人化にしなくてはいけないと思いました。JIDAの創設者のひとりでもある柳宗理さんが亡くなられた時、あれだけ有名で、叙勲もされて、90過ぎまで生きられた、あの方の努力が個人のところに留まっているというのが現実です。
デザイナーの作家としての位置付けをみても、ビジネスの世界では、まだしっかりと確立されていません。もしもデザインビジネスを拡げていきたいのであれば、自分の造形感や作家意識から離れて、デザイナー相互が連携をしない限り、大きな力にはならないのです。今もAXISの表紙を飾るようなデザイナーは、JIDAのメンバーの中にもいらっしゃいますが、僕はあえてこの年齢になって、任期も終わるときに言いたいのは、もっとデザイナーに社会性をもって欲しいということなのです。
自己も含め、デザインを実現するために、いかに組織としてのバックグラウンドが必要なのかという事例はいくらでも探すことができるので、自分たちの30年、50年、100年先を一緒に見よう、ということを、JIDA60周年の基本に据えたいと思っています。
僕らの世代が声を挙げなければ、今の20代、30代の人たちは何も感じることすらなく、同じことの繰り返しをこの先も続けていくのかと思うと、本当にやるせない気持ちになります。全てが個人プレイになってはいけないと思っています。もちろん誰にも負けないデザイナーだっていうプライドも必要ですが、自分ひとりでは変えられない現実が山ほどある、ということを若い世代に伝えていかなくてはいけないと思っています。
デザイン業界は非常に閉塞的で、学ぶ場から出ると、7、8割の人がメーカーのデザイナーとして仕事をします。そうすると、社会性といわれても、デザイナー自身ネットワークがなく、社内で完結してしまう。メディアとの連携の中で、デザインとは何なのかを伝えないといけない時代なのかな、と思っています。

 

関連記事

  • 焼き茄子(2012/02/23)

  • アダルトでムーディーなKIIMANのジュエリーの世界! まさかこんな形で空の旅をアテンドされてしまうとは!!(2015/04/05)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)

  • 2人の男とマルコの間に芽生えた 実話から生まれた 愛に溢れた作品!映画『チョコレートドーナッツ』(2014/07/26)

  • 小林画廊-Kobayashi Gallery-(2012/07/18)

  • 映画『そこのみにて光輝く』綾野剛 菅田将暉 池脇千鶴 出演の話題作!!池脇千鶴インタビュー (2014/03/31)