日本中に感動を呼んだあの「フランダースの犬」がまさかの展開に!!

あのネロが自分を虐げてきた人間への復讐の鬼となり現代に蘇り悪事を繰り返す。

 

しかし、そこに現れたのは、あのバカボン一家!!変わらない純粋さとバカさを武器に、彼らに挑む!

はたしてネロは、純粋な心を取り戻すことができるのか?

 

映画『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』瀧本美織さんインタビュー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

映画『天才バカヴォン』先方記事内画像1

 

まさかのコメディー漫画の名作『天才バカボン』と世界の名作『フランダースの犬』が、このような形で共演を果すとは夢にも思わなかった!!
今作はなんと『フランダースの犬』のネロがパトラッシュと共に復讐のために地獄より舞い戻るというかなりハチャメチャな内容となっている。『フランダースの犬』が好きな方にはぼろぼろに打ちのめされるような設定となっているが、この話しはそんなただのコメディーではなかった!
『天才バカボン』のバカボンのパパと復讐に駆られるネロとがひょんな形で出会う。ネロはパパを通して本当の人間の優しさを感じ、徐々に人間らしさを取り戻していくという実は深いストーリーとなっている。これを見て改めてバカボンという漫画が素晴らしい作品だったのか、ネロを通して再発見できる作品となっている。
監督、脚本は、「秘密結社 鷹の爪」など独特なFLASHアニメで人気のFROGMANが初の長編アニメーション化!
またネロ役には、「風立ちぬ」などで注目を集めた瀧本美織さんが声優を務め豪華声優人が顔を並べた。

 

 

瀧本美織さんインタビュー

 

映画『天才バカヴォン』瀧本美織さんインタビュー 記事内画像1NOSVIS)天才バカボン、フランダースの犬、それぞれ名作がまさかの展開に大アレンジされてしまった今作ですが、オファーを受けた際の率直な感想を教えてください。

 

瀧本さん)今作の監督、脚本をやられたFROGMAN(フロッグマン)さんのことを以前より知っていましたし、その世界観もとても好きでした。

コメディーも以前より挑戦してみたいなと思っていましたからとにかく

すごく嬉しかったです。

私自身もこの二つの名作のコラボレーションが、どのようなものになるのかすごく気になりましたしネロも通常のネロではなく地獄から戻ってくる話しだと聞いていましたからとにかくわくわくしていました。

 

NOSVIS)名作がここまでハチャメチャにアレンジされてしまう事について、抵抗はなかったですか?

 

瀧本さん)めちゃめちゃな所もたくさんありますが、実際試写を見た時に、めちゃめちゃだけでなくどこか考えさせられる部分もあり、最後には胸にほろっとくるような切なくも温かい素敵な映画だなと思いました。

まさか私がネロの声をさせて頂けるとも考えていませんでしたから、ドキドキしながらも本当に完成が楽しみでした。

 

NOSVIS)ネロの声をされる中で、気にかけた事はありましたか?

 

瀧本さん)登場から大人っぽさを持ちながらやはり子供でもあり、生意気で子供らしくないネロという事が基盤にありつつも、バカボンのパパとの出会いの中で人の優しさに気付き純粋に子供として楽しんでいる瞬間がありましたからそのギャップの部分を大切にしていました。

皆さんからも私の声が「違和感なくすっと入ってきたよ」と言って頂けたので安心しました。

 

映画『天才バカヴォン』先方記事内画像2

NOSVIS)今回は声を先に収録し、その演技にあわせて絵をつけるプレスコでの録音でしたが順調に進みましたか?

 

瀧本さん)映像がまったくなかったので、想像でしか進めることができませんでしたが、監督が丁寧に場面説明をして下さったので、妄想と言うか想像を膨らませながらがんばりました。

映像がないプレスコでの録音は初めてだったので、どうなるのかなって少し不安はありましたね。

 

関連記事

  • ワールド・ミュージック・シーンのトップアーティストYUSAがコットンクラブに登場!!YUSAインタビュー(2012/07/07)

  • 『アベンジャーズ』『アイアンマン』のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014/08/26)

  • 愛らしい音を奏でる青鼻ピアニストH ZETT M エイチゼットエム!!彼は何者か?(2012/07/30)

  • 父親の倒産、共に立ち上げた兄の早すぎる定年退職、紆余曲折の20年目 明和電機 土佐信道インタビュー!!(2013/04/27)

  • ガレット、クレープの名店「オ・タン・ジャディス」20年間変わらぬメニューに舌鼓!!(2012/07/02)

  • 焼きりんごメープルシロップ風味(2012/02/23)