渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

渋谷のノスタルジックな珈琲店

 

東京都渋谷駅から徒歩3分。明治通りから少し入った坂をのぼると「珈琲」そして「茶亭 羽當」と書かれた看板が目に入る。外観からすでに、どこかノスタルジックな雰囲気を感じるこのお店は、平成元年からスタートし、今年で創業24年目を迎える。渋谷では老舗の珈琲店だ。二重扉の先の店内では、打合せをする方、買い物帰りにふらっと立ち寄った風の方、常連さん……各々が作り出す空気感からなのか、もしくはほんのりと薫る珈琲の香りからなのか、温かい緩やかな時間が流れている。

 

茶亭羽當では炭火煎羽當オリジナルブレンドをはじめ、オールドビーンズの五番町楡(ニレ)、ストレートのブラジル、コロンビア、キリマンジェロ、マンデリン、モカマタリ、ブルーマウンテン、カフェオーレ、カフェショコラ、カフェカプチーノ、オ・レ・グラッセ、ウィンナーコーヒーと豊富な種類の珈琲をはじめ、数種類の紅茶や自家製シフォンケーキ、チーズケーキ、カボチャプリンなどの甘味やサンドウィッチが味わえる。

 

今回は、「ヴィンテージブラジル」という1994年の珈琲豆を使用したもの、そして夏になるとよく出るという「オ・レ・グラッセ」、それから羽當自家製の「メイプルシフォンケーキ」と「ビーフサンド」を頂いた。 

 

 

 

関連記事

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • それぞれの思いがひとつになった時、最高の歌が生まれる 映画『くちびるに歌を』 恒松祐里さんインタビュー(2015/02/27)

  • 大阪アジアン映画祭「スペシャルメンション」を受賞したフィリピン映画『アニタのラスト・チャチャ』(2014/04/15)

  • マスクメロンの中でも厳選された生産者のみ出荷が許される 王冠印のクラウンメロン!!(2011/05/30)