渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

渋谷のノスタルジックな珈琲店

 

東京都渋谷駅から徒歩3分。明治通りから少し入った坂をのぼると「珈琲」そして「茶亭 羽當」と書かれた看板が目に入る。外観からすでに、どこかノスタルジックな雰囲気を感じるこのお店は、平成元年からスタートし、今年で創業24年目を迎える。渋谷では老舗の珈琲店だ。二重扉の先の店内では、打合せをする方、買い物帰りにふらっと立ち寄った風の方、常連さん……各々が作り出す空気感からなのか、もしくはほんのりと薫る珈琲の香りからなのか、温かい緩やかな時間が流れている。

 

茶亭羽當では炭火煎羽當オリジナルブレンドをはじめ、オールドビーンズの五番町楡(ニレ)、ストレートのブラジル、コロンビア、キリマンジェロ、マンデリン、モカマタリ、ブルーマウンテン、カフェオーレ、カフェショコラ、カフェカプチーノ、オ・レ・グラッセ、ウィンナーコーヒーと豊富な種類の珈琲をはじめ、数種類の紅茶や自家製シフォンケーキ、チーズケーキ、カボチャプリンなどの甘味やサンドウィッチが味わえる。

 

今回は、「ヴィンテージブラジル」という1994年の珈琲豆を使用したもの、そして夏になるとよく出るという「オ・レ・グラッセ」、それから羽當自家製の「メイプルシフォンケーキ」と「ビーフサンド」を頂いた。 

 

 

 

関連記事

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』 松尾スズキ監督×いがらしみきお先生 インタビュー お金とはなんなのか?2人が語った!!(2015/04/03)

  • 企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」2014.7.2(水)〜10.5(日)  会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa(2014/06/29)

  • 東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子氏が、教えてくれるキュレーターの仕事(2013/01/16)

  • ARATANIURANO(2012/07/18)

  • 世界中から、次代を担うクリエイターを発掘を目的におこなわれる SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014(2014/07/18)