渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

渋谷のノスタルジックな珈琲店

  

珈琲は全て開店からずっとカウンターに立ち続けているという田口さんが丁寧に一杯ずついれてくれる。

 

田口さんがゆっくりとお湯を注ぐと、思わず小さな声で歓声をあげたくなってしまうくらい、綺麗にふわっと豆が膨らんでいく。
5分から10分ほどだろうか、慎重に時間をかけ旨味を抽出した珈琲を、数多くのカップの中から、お客様に似合うものを選び、出してくれる。じっくりと時間をかけ珈琲を抽出しているため、濃いのだが、同時にまろやかな味わいもあり、その濃さとまろやかさがなんとも美味しい。

 

珈琲豆のブレンドも、ケーキも全て自家製に拘っているという茶亭 羽當。24年間のうちには、お酒を提供しよう、ランチをやろう、という提案も出たという。ただ、常にお客様と接し、お客様の様子を見る、そのことに心がけたとき、実はお客様は変わることを求めておらず、今のままで良いじゃないか、いや、今のままが良いのではないか、と落ち着き、ほぼメニューの変化もないそうだ。ただ、もう少し甘みが少ない方がいい、もう少し味がしっかりしていた方がいい、といったお客様からの要望には耳を傾け、マイナーチェンジは常に行っているという。

 

関連記事

  • 彼の周りには、穏やかな時が流れている プロサーファー 瀬筒雄太(2010/08/15)

  • 「アーティスト」でアカデミー賞5冠に輝いたミシェル・アザナビシウス監督が描く 衝撃の新作 『あの日の声を探して』(2015/04/28)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • ARATANIURANO(2012/07/18)

  • フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えてくれた!!美穂さんの酵母パンレシピ カンパーニュ(2012/07/03)