現代社会の抱える闇に巣くう 隣人という名の悪魔に あなたは気付く事ができますか?

非現実的な世界のはずが、この現代社会では現実で起こりえる 

あなたのすぐそばにも人の皮をかぶった悪魔が、、いるのかもしれない。

 

映画『ソロモンの偽証』で初主演映画にして日本アカデミー賞 新人俳優賞 を受賞するなど、

衝撃的なデビューを果した女優 藤野凉子が 、新たな一面を見せた衝撃の話題作! 

映画『クリーピー 偽りの隣人』

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

NOSVIS) これまで黒沢監督お作品を見られた事は、ありましたか?

 

『トウキョウソナタ』や『ドッペルゲンガー』を見ました。

『トウキョウソナタ』では、監督の現代日本の家庭を繊細に描写された世界を拝見し、本気で芝居をするという事は、こういう事なのかなと感じた事を覚えています。

実際に監督とご一緒させて頂き、前作では細かく演技の確認をしながらリハーサルを重ね完璧な状態で演じる事ができましたが、黒沢監督作品では、常に一発目から全力のギアを外し、突っ切っていかなければ行けなかったので大変でしたが、1回目の新鮮な演技で進めさせて頂ける事は、とても演じやすく私にとって新しい感覚でした。

 

映画『クリーピー偽りの隣人』記事内素材写真3

 

NOSVIS) 初主演作品『ソロモンの偽証』から1年近くたちましたが、心境の変化、回りの変化はありましたか?

 

高校入学の際すぐに友達ができました!(笑)

気持の部分では、大人の方と接する機会がとても多くなり、今後の進路について考える事もありました。

また前作から女優としてやっていきたいという気持がありましたが、『クリーピー偽りの隣人』を通して演じる難しさ、大変さを知った上で、あらためて女優として自分を高めていきたいと強く思いました。

今作のようにとても豪華なキャストの皆さんとご一緒させて頂ける事は、とても嬉しい事であり、責任の重さを感じ辛い事もありましたが、本当に多くの事を勉強させて頂けました。

キャストの皆さんを見ていて、休憩時間でもリラックスする事ばかり考えるのではなく、演者同士の距離間を縮め次の演技に向けた準備していく事もとても大切なことなのだなと勉強させて頂きました。

最近では、学業をしている時も早く演じたいと思う事が多くなりました!

 

藤野凉子さん記事内画像1NOSVIS) 今後挑戦してみたい事はありますか?

 

今後もやはり映画で演じたいと思いますが、ドラマなども挑戦してみたいです。

とくに時代劇に挑戦してみたいです!小学生の頃、殺陣を習う機会があり、殺陣やアクションも是非やってみたいと思います。

 

NOSVIS) 藤野さんの理想の女性像とは?

 

品格ある女性になりたいです!

顔が綺麗だという事も大切なのかもしれませんが、なにより言葉遣いや立ち居振る舞い、指先まで品のある女性になりたいです。

 

NOSVIS) 初主演作品『ソロモンの偽証』では、日本アカデミー賞 新人俳優賞という大きな賞を受賞されましたが、大きな賞を1作目で受賞したからこその本作での難しさはありましたか?

 

『ソロモンの偽証』では、オーディションから1年近い時間役に触れる事ができましたが、『クリーピー 偽りの隣人』では、とても短い時間の中で澪(ミオ)という役に接していましたから、その時間の違いで難しさもありました。

また『ソロモンの偽証』がきっかけで、藤野凉子という役名を芸名として活動していますので、常に優等生というイメージを自分のどこかで意識してしまっている所がありました。

ですが今作を演じさせて頂く中で、また新たな藤野凉子と出会い、イメージというものを気にしなくていいのだと思えるようになれました。

 

NOSVIS) 最近興味を持っている事は何ですか?

 

インタビューの時そうですが、メイクさんスタイリストさんとご一緒させて頂く事も増え、メイクやファッションに興味があります。

メイクさんによくどうやってメイクしたら良いのかよく聞いてしまいます。

 

関連記事

  • 日本の戦隊物の大ファンだという ミコ・リヴェロ監督が見せるヒーローを演じる出稼ぎ男の奮闘記!!(2014/04/28)

  • 700人以上のオーディションを勝ち抜いた主演 安藤サクラの鬼気迫る演技に 圧倒された!映画『百円の恋』(2015/02/06)

  • 音楽がつなぐ予想外の出会いと、 最高のはじまりの物語!!映画『はじまりのうた』クチコミパワーで5館から1300館へ異例の大ヒット!!(2015/02/05)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)

  • リバースプロジェクト -REBIRTH PROJECT-(2012/07/18)