日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

——栄久庵さんは、歳を重ねることを楽しんでいるように見えますが、歳を重ねるとは?

 

歳を重ねることがよければいいけどね。勉強の仕方が上手になれるといいんだよ。何百年もの道筋がなくて、若くてそのまま歳をとっているだけで、どうやって年寄りになっていいか分からない人が多くなってしまっている。年寄りは、年寄りらしい生き方ができるのが理想です。生理的にくたばるのは構わないけれど、風格はないといけないね。

 

 

栄久庵 憲司 Ekuan Kenji
1929年 東京生まれ。
1955年に東京芸術大学美術学部図案科卒業後、1957 GKインダストリアルデザイン研究所を設立、所長となる。
現在、GKデザイングループ会長、Design for the World(世界デザイン機構)会長、国際インダストリアルデザイン団体協議会名誉顧問(International Council of Societies of Industrial Design)、日本デザイン機構会長、道具学会名誉会長を務める。代表作として、「キッコーマンしょうゆ卓上びん」、東京都シンボルマーク、ヤマハオートバイデザイン、「成田エクスプレス」などの鉄道車両など。

 

関連記事

  • 今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会 今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。(2012/02/29)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)

  • リバースプロジェクト -REBIRTH PROJECT-(2012/07/18)

  • ごぼうのクリームスープ(2012/02/23)

  • 今巣立とうとしているあなたに見て欲しい 最高の映画「群青色の、とおり道」 佐々部 清 監督インタビュー(2015/07/08)

  • 鰻寿司(2012/02/23)