明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「妖怪博士」とよばれた一人の男  

 

 

——先生にとって、井上円了の最大の魅力はなんですか?

 

やっぱり実践する力や、探究心ですね。ロマンチストなんです。その裏に「信念の人」という性格をもっていましたね。

最後も、中国の大連で講演中に倒れて亡くなっていますからね。教え子が「先生、顔色が悪いから休んだらどうですか?」って聞いたら、「わしゃ休むときは、石の布団かぶって休むから、生きているときは休まないよ」と言って、教え子に、書の準備をするように命じて、葡萄酒を少し飲んで講演に向かったそうなんです。で、その講演中に亡くなったんです。

 

100年も前の時代に、自己資金で南極から北極、五大陸を旅していますからね。面白い一生を駆抜けた方だと思います。

 

 

【三浦節夫先生 著書】

『日本人はなぜ妖怪を畏れるのか』三浦節夫著(新人物往来社)
 価格:¥1,575(税込)(2011/11/15 出版) 

 

 

 

 

関連記事

  • 小林画廊「GIFT展」若手作家のグループ展、バラエティー豊かな個性あふれる小品を展示!(2012/12/07)

  • ふろふき大根(2012/02/23)

  • 摩訶不思議☆『水曜日のカンパネラ』とは一体何者なのか? そして完全にスパークした謎の美女 コムアイとは?(2015/04/06)

  • 『クラッシュ』ではアカデミー賞(R)作品賞、脚本賞を受賞したポール・ハギス監督が、新作『サード・パーソン』を引き連れ登場!!(2014/06/16)

  • 台湾と日本 話題の合作映画『南風』萩生田監督・朱永菁プロデューサー・黄河さんインタビュー(2014/08/25)

  • 消えた記憶を集めながら、確かに刻む 次への一歩 ディジュリドゥの奏者GOMA 再起不能と言われた事故から苦難を乗り越へて!!(2013/07/23)