明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「妖怪博士」とよばれた一人の男  

 

 

——先生にとって、井上円了の最大の魅力はなんですか?

 

やっぱり実践する力や、探究心ですね。ロマンチストなんです。その裏に「信念の人」という性格をもっていましたね。

最後も、中国の大連で講演中に倒れて亡くなっていますからね。教え子が「先生、顔色が悪いから休んだらどうですか?」って聞いたら、「わしゃ休むときは、石の布団かぶって休むから、生きているときは休まないよ」と言って、教え子に、書の準備をするように命じて、葡萄酒を少し飲んで講演に向かったそうなんです。で、その講演中に亡くなったんです。

 

100年も前の時代に、自己資金で南極から北極、五大陸を旅していますからね。面白い一生を駆抜けた方だと思います。

 

 

【三浦節夫先生 著書】

『日本人はなぜ妖怪を畏れるのか』三浦節夫著(新人物往来社)
 価格:¥1,575(税込)(2011/11/15 出版) 

 

 

 

 

関連記事

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • 移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー(2012/10/25)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • 「 SNIFF OUT 」= 「 嗅ぎ当てる 」 音楽フェスとアートフェスの融合を主軸とした全く新しいタイプのプロジェクト始動!!(2013/04/26)

  • 1990年代をリードした、写真家・高橋恭司「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは(2012/02/05)

  • 「トイレ」を堂々とオープンに語り合う企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」鈴木おさむさん×毛利衛 館長 トークイベント(2014/07/02)