• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人の香りを引き出す魔法のような香水 エセントリック・モレキュールズ

 

現代人は大きな呪縛のように、香りに着られてきた。
しかしこのフレグランスの登場により、我々はようやく香りを纏うことを知るだろう。

あなたにしかない あなたの香りとして。

 

従来、フレグランスの多くは、50〜200種類近くもの成分を調合し作られてきた。
しかし今回ご紹介する、エセントリック・モレキュールズは、フレグランス業界では革命的で初の試みとなる、ひとつの合成香料成分「Iso E Super」だけを使用し作られている。この「Iso E Super」は、人それぞれの持つ香りを引き立たせることのできる魔法のような香料なのだ。つまりは人類71億人、全ての人の数だけ、香りが存在するということになるのだ。
このフレグランスは、「魔法の水」という他に、表現ができないものなのかもしれない。

また、このフレグランスの特徴として、肌に着けた時にだけよく香るが、着けている本人は強い香りを感じず、まわりにいる人に心地よい香りを感じさせる、という効果がある。つまりこの現象が起きるということは、いかに自分自身の持つ本来の香りの延長であるか、ということなのだろう。このエセントリック・モレキュールズについてブランドPR監修を務めるファッションジャーナリストのティム・ブランクスそして、イギリスのブランディング会社「This Company」のディレクター・ジェフにお話を伺った。 

 

 

——通常数十種類もの香料を調合するところ、この香水は、一種類のみの香料から作られているとのことですが、ある意味で原点に返ったかのような試みですね。

 

ジェフ:そうなんです。このmolecule(モレキュール)という香水は、Iso E Superという香料、ひとつしか使用していない、香水業界ではあり得ないような画期的なアイディアなんです。ただ、素材がひとつという点では、シンプルですが、複雑な意味を持っています。もうひとつのescentric(エセントリック)という香水は、ブレンドなのですが、捉え方としては、エセントリックの中からひとつの香料を取り出して、お作りしたバージョンが、モレキュールという感じです。

モレキュールのデビューは8年前なのですが、実はその当時、どのブランドも同じ香料をフォーメーションだけを変えて使用していたので、どこも似たようなものばかりになってしまい、香水業界が落ち込んできていた時期でもあったんです。

 

 

——ひとつの香料のみで多様に香りが変化するものですか?

 

ジェフ:実は、モレキュールを作った際は、どのような効果があるか分からずに作っていたんです。香料は「Iso E Super」を使っているのですが、この香料は、ひとつの香りをより良くしてくれるという役割で、どの香水にも少しずつ入っているものなんです。Iso E Superそれ自体は、ウッディー系のとても控えめな香りなのですが、それをひとつだけで使ってみたら、自分自身が持っている香りを良くしてくれるということが分かったんです。しかも、ご自身よりも周りの方が気付いてくれるような香りなんですよ。どうぞ、試してみてください。

 

[写真]左:ティム・ブランクス 右:「This Company」ディレクター・ジェフ

 

関連記事

  • 北里大学からすぐ近く、恵比寿2丁目にある昔なつかしの洋食屋「ハチロー」人を感じられる美味しさ!!(2012/04/15)

  • 『アベンジャーズ』『アイアンマン』のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014/08/26)

  • 日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』(2013/03/01)

  • イムラアートギャラリー(2012/07/18)

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • これぞブルース!!blues.the-butcher-590213withムッシュかまやつ+Leyona(2010/08/30)