長年友人だった「ヨメ」と出会って17年目にして結婚、1ヵ月後に妊娠発覚。

その5ヵ月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活。

夫婦が駆け抜けた493日の記録がついに映画化!

 

映画『夫婦フーフー日記』前田弘二監督インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

長年友人だった「ヨメ」と出会って17年目にして結婚、1ヵ月後に妊娠発覚。

その5ヵ月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活。

夫婦が駆け抜けた493日の記録は、闘病ブログとして人気を博し、「がんフーフー日記」として書籍化された。

そんな話題を呼んだ書籍が、映画「婚前特急」で高い評価を受け数々の賞を受賞した前田弘二監督の手によってついに映画化された!

映画化にあたっては、<死んだはずのヨメと残されたダンナが、一緒に生きた日々を振り返る>という大胆な設定を加え、ブログには書かれなかった夫婦の想い、そして家族の愛を浮き立たせ、笑いながら涙が溢れる、かつて無いストーリーが誕生した。

どこかコミカルでありながら、そこには確かな家族の絆 愛が映し込まれていた。

ヨメを亡くし、残された赤ん坊を抱えて育児と仕事に奔走するダンナ役に佐々木蔵之介、亡くなった後もダンナの前に現れるヨメを永作博美が演じた。

 

そんな今作の前田弘二監督に話を伺った!

 

 前田弘二監督 記事内画像1NOSVIS) 今作は、ヨメに先立たれたダンナの前に死んだはずのヨメが現れ夫婦の日々を振り返り語らいながら進行する変わった作品ですが、映像化するにあたってのこだわりを教えてください。

 

前田監督) まず原作で一番惹かれたのは、ダンナとヨメお二人の人柄でした。つらい事がいっぱいなのに、素直で前向きで暖かい文章で綴られておりまして、そんなお二人の人柄を一番に見せていけたらと思いました。亡くなったヨメがダンナの前に現れて、一緒に過去を振り返るというフィクションを用いながらも、いろんな角度で感情の機微を描いていけたらと思いました。

 

NOSVIS) 佐々木蔵之介さん、永作博美さん演じる夫婦は、うまく表現できましたか?

 

前田監督)次々と起こる事態の変化にどう対応したらいいのか、まるでどこか他人事のように物事を俯瞰して見ているようなダンナとヨメのお二人の感じや、つらいけど明るく振る舞ったり、周りへの気遣いにも感じれて、そのような繊細な心の動きをとても丁寧に演じてくださいました。そしてコメディー感溢れる夫婦の掛け合いも見ててとても楽しくて、現場で笑いを堪えることも多かったくらいです。そういった繊細さと大胆さをあわせ持ったお二人のおかげで、僕の想像を超える映画になりました。

 

NOSVIS) 演出指導のような事は、多かったのですか?

 

前田監督) あまり答えをあらかじめ決めず、現場で答えを探して行く事が多かったです。佐々木さん永作さん、お互いに感じとった夫婦の空気感を見守り、作品に納めたいと思っていました。楽しいけどどこか切なかったり、つらいシーンなのにどこかふと力が抜けるような笑いが溢れたり、ジャッジ仕切れない日常の曖昧さを捉えていくことに徹底しました。

 

映画『夫婦フーフー日記』 記事内先方写真2 

 

NOSVIS) 撮影も大変だったと永作さんがお話しされていたそうですが、撮影を振り返っていかがでしたか?

 

前田監督)そうですね。撮影期間約20日間と短い中で、この夫婦の十数年のドラマがあり、撮影も人生を振り返るシーン、現在の掛け合いのシーンと2倍撮影を行わなければいけなかった当初、スケジュールを見た際は、愕然としました。ただ振り返りますと、不思議と時間に追われて撮影している記憶はなく、ずっと穏やかな現場でした。撮影する前は二人が過去を振り返るシーンは全部合成にしようか考えていましたが、まずは現場で見てからにしようと思いました。スケジュールには、仮で合成使用があるかもしれないと記載はしていましたが、あくまで2人の芝居を見て判断したいと思っていました。なので、穏やかな空気感の中、スリリングな毎日でしたね。

 

NOSVIS) 思い描いていた雰囲気が特にうまく表現できたシーンはありましたか?

 

前田監督)プロポーズのシーンなどは、原作では17年間の中で嫁が初めて見せる顔をし「嬉しい」と言ったと書かれていたのですが、そこはナレーションは使わず芝居で感じてもらいたいなと思いました。

プロポーズをしてもちろん受けてくれる事は分かっているじゃないですか、そこで何を見せる事ができるか?しかもそのシーンはクライマックスですし。

そんな中で思った事は、このシーンの二人は、小細工、理屈など無くただ本当に幸せで嬉しいその気持ちだけだと思いました。ですからこのシーンは何度も撮り直すのではなく一発で撮ると決めていました。

最後の最後まで二人それぞれの顔を先に撮って2ショットにいくか迷いましたが、2人をしっかり映し込む、それしか無いと思いツーショットを撮りました。僕にとってとても思い入れのあるシーンとなりました。

 

NOSVIS) 完成作品を見られた佐々木さん、永作さんの感想は、いかがでしたか?

 

前田監督) 永作さんは脚本を読んだ時からこの夫婦の夫婦漫才のような掛け合いをしたいなと思っていてくれたようで、佐々木さんとその夫婦漫才ができてとても楽しかったとおっしゃってくれました。佐々木さんも、夫婦の怒濤の日々の中に、しっかりとダンナとヨメ、二人の時間がしっかりと流れているので身近に感じましたとおっしゃってくれました。

 

映画『夫婦フーフー日記』 記事内先方写真1

 

NOSVIS) 原作者でダンナのモデルの清水浩司さんとお会いされた際のエピソードを教えてください。

 

前田監督) 初めてお会いした時、気遣いかもしれませんが「遠慮せず思いきり撮ってくださいね」と言ってくださいました。おかげで気持ちはだいぶ楽になりました。清水さんは、本当に温かくて初めて会った気がしませんでしたよ。

 

NOSVIS) 今作は、死んだヨメがダンナの前に現れていますが、実際に原作者の清水さんもこのような体験をされたのですか?

 

前田監督) 映画の最初のご家族の会話の中で、電源を切ったはずが突然ついたり、車が壊されたりこのエピソードは、実際にあったそうです。

 

NOSVIS) 少しスピリチュアルの要素も入っているのですね!

 

関連記事

  • トヨタグループの創始者であり、日本初の動力織機や自動織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献した豊田佐吉に迫る!!(2012/09/15)

  • 今巣立とうとしているあなたに見て欲しい 最高の映画「群青色の、とおり道」 佐々部 清 監督インタビュー(2015/07/08)

  • 焼きりんごメープルシロップ風味(2012/02/23)

  • 健康的な食生活、いくつもの旅、十分な読書と共に、生活の一部として Aesop −イソップ−創業25周年企画!(2012/10/26)

  • それぞれの思いがひとつになった時、最高の歌が生まれる 映画『くちびるに歌を』 恒松祐里さんインタビュー(2015/02/27)

  • 北里大学からすぐ近く、恵比寿2丁目にある昔なつかしの洋食屋「ハチロー」人を感じられる美味しさ!!(2012/04/15)