四ツ谷にお店を構えて40年目『フルーツパーラーフクナガ』

あ〜季節の巡りが待ち遠しい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初恋の味かもしれないし、失恋の味かもしれないけれど、美味しく食べれば気分も素敵になる。Photo Gallery ▶

「目だけがうまそうじゃなくて、体と心が、お腹の中が嬉しくなるようなものを食べなきゃだめじゃない。そこには旬っていうものがあるし、果物だって赤くなった訳があって赤くなってる。それを美味しく食べてもらえればいいなって思うんだよ。最終的には、うまかったとか、疲れがとれた、とか、そういうことでいいんだけどね。作っている方としてはどうしてもシンプルがいいんだよ。メロンもストンっと切ったらそれだけでいい。シンプルが一番いいんだよ。」

 

果物屋にうまれ、小さな頃から果物に囲まれ育ち、仕事も果物一筋で40年。

果物本来の美味しさを知り尽くしたご主人だからこそ、果物の旨味を最大限に引き出すことができるのだろう。

 

毎日でも食べたくなる、体にも、心にも優しいパーフェクトなパフェ。次は何の果物が旬を迎えているのだろうか、わくわくしながらお店に足を運ぼうと思う。

関連記事

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • ゴーヤとツナと豆腐のサラダ(2012/02/22)

  • 愛らしい音を奏でる青鼻ピアニストH ZETT M エイチゼットエム!!彼は何者か?(2012/07/30)

  • Y++ / Wada Fine Arts(2012/07/18)

  • 蔵丘洞画廊 -Zokyudo Gallery Kyoto-(2012/07/18)

  • 画家、木原千春  彼女が「Vitalism2」で描いたのは、日本人にとって柱にもなっている干支だった。 色、形、空間の持つ意味とは……。(2013/11/02)