出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋 原寿園がおくる生姜、柚子、塩、味の金平糖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

素材を皮ごと使った生姜金平糖

 

島根県出雲市、ここに原寿園という100年以上続くお茶屋がある。
半世紀以上に渡り出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋だ。原寿園は数年前からぜんざいや金平糖といった甘味の製作を始めたのだが、その金平糖が金平糖のイメージを覆す程美味しい。かれこれ、何人に紹介しただろうか、出逢う人、出逢う人に紹介したくなるほど美味しい。

  

そもそも金平糖というと、雛祭りや引き菓子としてのイメージが強く、色や形が可愛いけれど、あまり日常的に食べるものではないと思っていた。しかし、どうだろう、生姜金平糖、柚子金平糖、塩金平糖…それぞれの味が全く違い、一粒口に入れると、素材の味が広がり、程よい甘みにつられ、何粒でも食べてしまう。

それもそのはず、着色料を一切使わず、素材をそのまま使用して金平糖を作っているのだ。

 

でも何故、原寿園は無着色で素材を使用した金平糖に拘っているのだろうか。原寿園、原 孝徳氏、そして大阪糖菓技術開発室長の岡根一幸氏にお話を伺った。

 

関連記事

  • 日本という特殊な場所だから、ジャンルの枠を超えて活動する人が面白い!山本現代 ディレクター 山本裕子(2013/04/26)

  • 伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作 インタビュー!!(2011/01/13)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)

  • アート界の魔人!世界的サイデリック・マスター 田名網敬一が新たに仕掛けるTシャツという名の爆発弾!! (2012/05/14)

  • 西村画廊 -NISHIMURA GALLERY-(2012/07/18)

  • ベネチア映画祭で10分間のスタンディングオベーションが起こった話題作!『ディス/コネクト』ヘンリー=アレックス・ルビン監督 インタビュー(2014/05/10)