出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋 原寿園がおくる生姜、柚子、塩、味の金平糖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

素材を皮ごと使った生姜金平糖

 

島根県出雲市、ここに原寿園という100年以上続くお茶屋がある。
半世紀以上に渡り出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋だ。原寿園は数年前からぜんざいや金平糖といった甘味の製作を始めたのだが、その金平糖が金平糖のイメージを覆す程美味しい。かれこれ、何人に紹介しただろうか、出逢う人、出逢う人に紹介したくなるほど美味しい。

  

そもそも金平糖というと、雛祭りや引き菓子としてのイメージが強く、色や形が可愛いけれど、あまり日常的に食べるものではないと思っていた。しかし、どうだろう、生姜金平糖、柚子金平糖、塩金平糖…それぞれの味が全く違い、一粒口に入れると、素材の味が広がり、程よい甘みにつられ、何粒でも食べてしまう。

それもそのはず、着色料を一切使わず、素材をそのまま使用して金平糖を作っているのだ。

 

でも何故、原寿園は無着色で素材を使用した金平糖に拘っているのだろうか。原寿園、原 孝徳氏、そして大阪糖菓技術開発室長の岡根一幸氏にお話を伺った。

 

関連記事

  • 手塚治虫を嫉妬させた男 辰巳ヨシヒロの半生を映画化!!『TATSUMI マンガに革命を起こした男』(2014/11/13)

  • 『アベンジャーズ』『アイアンマン』のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014/08/26)

  • 早朝からCafé&Meal MUJI南青山店には多くの人たちが集まり 「さしすせそ」の順番に、二種類の調味料の食べ比べが行われた。(2014/03/03)

  • 特別展「医は仁術」が、国立科学博物館(上野)にて開催!スペシャルナビゲーターに、大沢たかおが登場!(2014/03/26)

  • 小林画廊「GIFT展」若手作家のグループ展、バラエティー豊かな個性あふれる小品を展示!(2012/12/07)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)