出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋 原寿園がおくる生姜、柚子、塩、味の金平糖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

素材を皮ごと使った生姜金平糖

 

島根県出雲市、ここに原寿園という100年以上続くお茶屋がある。
半世紀以上に渡り出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋だ。原寿園は数年前からぜんざいや金平糖といった甘味の製作を始めたのだが、その金平糖が金平糖のイメージを覆す程美味しい。かれこれ、何人に紹介しただろうか、出逢う人、出逢う人に紹介したくなるほど美味しい。

  

そもそも金平糖というと、雛祭りや引き菓子としてのイメージが強く、色や形が可愛いけれど、あまり日常的に食べるものではないと思っていた。しかし、どうだろう、生姜金平糖、柚子金平糖、塩金平糖…それぞれの味が全く違い、一粒口に入れると、素材の味が広がり、程よい甘みにつられ、何粒でも食べてしまう。

それもそのはず、着色料を一切使わず、素材をそのまま使用して金平糖を作っているのだ。

 

でも何故、原寿園は無着色で素材を使用した金平糖に拘っているのだろうか。原寿園、原 孝徳氏、そして大阪糖菓技術開発室長の岡根一幸氏にお話を伺った。

 

関連記事

  • 50年分の『マーガレット』が、一同に集結!「わたしのマーガレット展 〜マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀〜」(2014/09/24)

  • 今巣立とうとしているあなたに見て欲しい 最高の映画「群青色の、とおり道」 佐々部 清 監督インタビュー(2015/07/08)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • マスクメロンの中でも厳選された生産者のみ出荷が許される 王冠印のクラウンメロン!!(2011/05/30)

  • 日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』(2013/03/01)

  • 四ツ谷にお店を構えて40年目『フルーツパーラーフクナガ』あ〜季節の巡りが待ち遠しい!!(2012/06/15)