特別展「医は仁術」が、国立科学博物館(上野)にて開催!

スペシャルナビゲーターに、大沢たかおが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

特別展「医は仁術」

2014年3月15日(土)~6月15日(日) 国立科学博物館(東京・上野公園)

 

他者を思いやる心、「仁」。

「仁」の精神を軸に江戸から未来へと俯瞰する特別展「医は仁術」

 

特別展「医は仁術」が3月15日〜6月15日まで国立科学博物館(上野)にて開催されます。

世界初公開の「杉田玄白 直筆の漢詩」をはじめ、「日本最古の解剖原図」など、過去の貴重な資料を見ることができるだけでなく、現代の医療に関する展示もあり、なんとiPS細胞も見ることができます。触れられるスペースもありますので、見て、聞いて、触れ…、五感を使いながら、医学の歴史を展示と共に歩んでみてはいかがでしょうか。

 

14日に開催された開会式では、ドラマ「JIN-仁-」で南方仁役を演じ、今回スペシャルナビゲーターをされる大沢たかおさんが登場。今回の展覧会では、入り口のタイムスリップシアターにて江戸時代へ導いてくれる他、音声ナレーションを担当されています。

大沢たかおさんは、「ご来場頂いた一人でも多くの皆さんに、先人たちの熱い想い、志、仁のこころ、そして、医の原点となる江戸、そして現代の技術の理解を少しでも深めて頂けるものとなったら、嬉しく思います。」と挨拶を行った。

 

左:スペシャルナビゲーターの大沢たかおさん

右:大沢たかおさん、TBSテレビ事業局長 岩原貞雄氏、文部科学副大臣 西川京子氏、国立科学博物館館長 林良博氏、朝日新聞社 企画事業本部長 宮田謙一氏

 

 

《『杉田玄白 直筆の漢詩』『日本最古の解剖原図』世界初公開。》

 杉田玄白漢詩

1774年に出版された日本初の本格的翻訳西洋解剖書の解体新書の中心人物であった杉田玄白と桂川甫周の直筆書巻が新発見され、本展で世界初公開となります。

これは玄白が蘭学発展の功績を認められ、将軍に会う事の喜びを詠った漢詩などの貴重な史料です。

※国立科学館所蔵

山脇東洋解剖図

1754年、日本で初めて京都所司代の許可を得て行われた人体解剖の記録図。 1759年に「蔵志」として出版されました。本図は山脇東洋の印「賜養寿院」があり、新発見の原図です。

※国立科学博物館所蔵 

 

     
        
   3Dプリンターによる臓器モデル   ヒトiPS細胞の固定標本  

 

近年、注目を集めている3Dプリンター。実際の患者からCTスキャンした画像データをもとに、3Dプリンターで作成した臓器モデルを展示します。

  2012年に山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したことでも話題になったiPS細胞を顕微鏡で見ることができる貴重な機会です。  

 

 

 

《鉄拳 オリジナル描きおろし パラパラ漫画》 

 

 

 

 

 

 鉄拳 パラパラ漫画

 映像シアターでは、いま話題沸騰の鉄拳によるオリジナル描きおろし「パラパラ漫画」。

テーマは「受け継がれる仁」。江戸時代から現代まで、「仁」をもって医療にあたる医師たちの活躍と、病気やけがに苦しむ患者たち、 医療現場で生まれる喜びと悲しみ…
鉄拳ならではの視点で「医は仁術」を感動的に描き出します。

 

 

 

 

 

 

 

会場:国立科学博物館(東京・上野公園)〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

会期: 2014年03月15日(土) – 2014年06月15日(日)

開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)

※入館は各閉館時刻の30分前まで。※4月26日(土)〜5月6日(火・休)の間は午後6時まで。ただし、5月2日(金)は午後8時まで。

休館日:毎週月曜日、5月7日(水)、ただし、3月24日(月)、3月31日(月)、4月28日(月)、5月5日(月・ 祝)は開館

入場料:一般・大学生1500円(1300円)小・中・高校生600円(500円)

※()内は20名様以上の団体料金。
金曜限定ペア得ナイト券2,000円 ※2名様同時入場/男女問わず。※午後5時〜午後8時/最終入場は午後7時30分。 ※会場での当日販売のみ。※常設展もご覧いただけます。

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

URL:http://ihajin.jp

 

 

 

主催者である国立科学博物館館長の林良博氏、TBSテレビ事業局長の岩原貞雄氏、文部科学副大臣の西川京子氏によるコメントをご紹介します。>>

 

 

 

 

 

「仁」が日本において、どのように認識され実践されてきたかを、江戸時代からの漢方や蘭方の医学資料から現在に至までの医学関係資料を元に、展示致します。

今回の特別展は「仁」の精神を軸に、江戸から未来へと俯瞰する総合的な展示になっています。

展覧会の見所としてしましては、新たに発見されました、杉田玄白の直筆掛け軸や、日本最古の解剖原図である山脇東洋の草紙原本が初公開となりました。

また、最先端技術では、人体の可視化をテーマに3Dプリンターによる臓器モデルなど、日本が世界に誇る技術をご紹介致します。

 

国立科学博物館館長 林良博氏

 

 

 

TBSテレビは2009年と2011年、2シリーズに渡りまして、「JIN−仁−」というドラマを放送いたしました。現代の脳外科医として活躍をしております、南方仁という医師がタイムスリップをして、江戸時代に流れ着き、そこで悪戦苦闘をしながら、江戸時代の人々の命を救っていくという姿を描いたドラマのタイトルにもなっております「仁」そして、主人公の名前でもございます、「仁」。現代とは全く違う江戸時代の環境におかれた南方仁が身分の上下や職業や、置かれた立場、そういったもの一切関係なく、ひとつでも多くの命を救おうと、必死に努力する姿が視聴者の皆様にも熱い共感を生んだのではないかな、と考えております。その「仁」という心、思いやりの心が今回の展覧会に脈々と流れているのではないかな、と思っております。

 

ご来場頂いた皆様方になるべく楽しんで頂きながら、知的好奇心を満たして頂きたい、ということで、我々テレビ局ならではの、試みをさせて頂いております。ひとつは、「JIN-仁-」というドラマの主役を演じて頂いた大沢たかおさんにスペシャルナビゲーターとして音声ガイドをやって頂いております。うっとりするような素晴らしいガイドになっています。

それから、タイムスリップシアターというかたちで、いつの間にか江戸の雰囲気に入っていくかのような導入部や、最先端のコンピューターグラフィックスの技術を駆使した体の仕組みがわかる3Dプロジェクションマッピングという、これもご覧頂きますと、まったく見たことのない新鮮な絵図らがお楽しみ頂けると思います。

また、今話題の鉄拳さんに、受け疲れる仁術というテーマに1400枚に渡る原画を描いて頂き、パラパラマンガを作成致しました。こちらも、8分ほどの上映時間になりますが、大変感動的な内容に仕上がっています。

日本の医学、現在、未来に至まで脈々と築かれてきた仁術の心、それをひとつひとつ伺わせるような素晴らしい展示資料の数々と、私どもの映像的なものが相まって、大変立体的に楽しめる展覧会になっているのではないかな、と自負致しております。

 

 

TBSテレビ事業局長 岩原貞雄氏

 

 

 

日本の医療技術は世界最先端だと思います。その中でも、保険証一枚あれば、どこでも誰でも即、お医者様にかかれて、即手術を受けられる、という保険制度は世界にはそうありません。それだけの医療制度と、医療技術と人を持っている国が今の日本です。その源が、やはり江戸時代にあるのです。

今回の展示では、江戸時代からの解剖図や、貴重な資料、医療器具、それが時代を経て、展示されているということに私もわくわくしているのですが、その最先端のところに、山中教授のiPS細胞の固定標本があるということで、まさに時空を超えて、私たちも日本の医療の歴史を体感できるのではないかな、と思います。

 

文部科学省では、2020年のオリンピックに向け、スポーツの祭典だけでなく、日本の総合文化も含めてあらゆる日本の想像力、可能性、すべてを一体化した日本力をみせる年だという想いで、戦う文科省として、あらゆることに一生懸命頑張っているところでございます。

今、日本は最先端科学技術、これがおそらく日本の経済を引っ張っていく大きな役割を果たしてくれるものだと思っておりますが、大切なことはやはり人です。担う人をつくる、これが教育再生の柱です。日本が今までいろんな歴史を乗り越えてくる中で、大きな力のひとつは、日本人の人間力です。教養があって、学力が高く、真面目で、働き者で、そして、お互いを助け合う優しさがあって、この日本人がいたからこそ、今があるわけですから、自分の国に誇りを持てる子供たちを育てる、これが、安倍内閣の教育の肝なのです。そういうことも含めまして、医療の歴史、みなさんと共に拝見させて頂き、楽しませて頂きたく思います。

 

文部科学副大臣 西川京子氏

 

 

医は仁術関連情報 http://art.nosvis.com/events/ihajin/

公式サイト http://ihajin.jp

 

 

関連記事

  • 2014年2月 46歳という若さでこの世を去ったフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作『誰よりも狙われた男』(2014/10/17)

  • 特別展『ガウディ×井上雄彦』公式ナビゲーター 建築家 光嶋裕介氏に話しを聞く!!(2014/06/25)

  • 地元に愛され続ける昔懐かしの甘味所「みどりや」大興奮かき氷「フルーツチョコミルク金時フロート」を食べに!!(2012/02/13)

  • マスクメロンの中でも厳選された生産者のみ出荷が許される 王冠印のクラウンメロン!!(2011/05/30)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • イムラアートギャラリー(2012/07/18)