映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「THERE ARE MANY OF US –I’M HERE」

 

2010年にサンダンス映画祭で発表された、映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』。この度、DVD+CD+BOOKという形でパッケージ化した「THERE ARE MANY OF US」の日本語版発売を記念し、“DIESEL ART GALLERY”にて展示会が開催された。

 

シャイで少しどんくさいけれど、気が優しく一生懸命な男の子のロボット シェルダンと、一見イケテいるように見えるけれど、不器用な女の子のロボット、フランチェスカ。

「キラキラしたゴージャスなロサンゼル『市』ではなく、先立つものが無くてもいくらでも楽しめ、友達と自分の小さな世界が無数に集まるロサンゼルス『郡』」で、自分を傷つけてでも相手を幸せにしようと、気持ちに真っ直ぐに、そのときを懸命に生きる若者の姿を映しだした切なくも、温かいショートラブストーリーだ。

関連記事

  • 栗ごはん(2012/02/23)

  • 作家と二人三脚で歩みを進める無人島プロダクション!作家と向き合うことの大切さ 藤城里香インタビュー(2013/07/17)

  • ロイドワークスギャラリー – Roid Works Gallery -(2012/07/18)

  • 『クラッシュ』ではアカデミー賞(R)作品賞、脚本賞を受賞したポール・ハギス監督が、新作『サード・パーソン』を引き連れ登場!!(2014/06/16)

  • WINDBLOW Keison 風や波の音に酔いしれる(2010/08/28)

  • 消えた記憶を集めながら、確かに刻む 次への一歩 ディジュリドゥの奏者GOMA 再起不能と言われた事故から苦難を乗り越へて!!(2013/07/23)