映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

切なく温かいスパイクジョーンズ初のラブストーリー

   

監督を務めたのは、2009年に公開された「かいじゅうたちのいるところ」でも注目を集めたスパイク・ジョーンズ。

彼は1999年に映画「マルコヴィッチの穴」で監督デビューを果たした後、「脳内アメリカ」や「アダプテーション」など数々の映画作品を手掛けているほか、ダフトパンク、ビョーク、ケミカル・ブラザーズなどのミュージック・クリップを製作したことでも名声を博した。

 

ロボットのデザインは、同じく「かいじゅうたちのいるところ」でもキャラクターデザインを担当した、ソニー・ジェラシモウィック。ソニーの生み出す、どことなく寂し気な表情をもち、人間味のある不完全な弱さをもつキャラクターは、スパイクの映像の柔らかい光とよく合うのだ。

 

関連記事

  • ささくれだった心をそっと包み込んでくれるような、そんなほっと心が温まる絵本をご紹介 NOSVISセレクト絵本特集(2012/02/13)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)

  • 平成9年度から毎年開催されている「文化庁メディア芸術祭」は、今年で17回目を迎えた!!今年の応募総数は、過去最高の4347作品(2013/12/20)

  • 日本1おバカな短編映画際『鉄ドン』! 観客にとっても持久戦となるこの映画祭が、今話題に!!(2015/05/02)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)