映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

切なく温かいスパイクジョーンズ初のラブストーリー

   

監督を務めたのは、2009年に公開された「かいじゅうたちのいるところ」でも注目を集めたスパイク・ジョーンズ。

彼は1999年に映画「マルコヴィッチの穴」で監督デビューを果たした後、「脳内アメリカ」や「アダプテーション」など数々の映画作品を手掛けているほか、ダフトパンク、ビョーク、ケミカル・ブラザーズなどのミュージック・クリップを製作したことでも名声を博した。

 

ロボットのデザインは、同じく「かいじゅうたちのいるところ」でもキャラクターデザインを担当した、ソニー・ジェラシモウィック。ソニーの生み出す、どことなく寂し気な表情をもち、人間味のある不完全な弱さをもつキャラクターは、スパイクの映像の柔らかい光とよく合うのだ。

 

関連記事

  • 2人の男とマルコの間に芽生えた 実話から生まれた 愛に溢れた作品!映画『チョコレートドーナッツ』(2014/07/26)

  • アートフェア東京2012レポート(2012/05/15)

  • 野球未開の地インドから、初メジャーリーガー誕生の奇跡の実話!!映画『ミリオンダラー・アーム』(2014/09/12)

  • 注目の話題作!! 映画『KANO』スペシャルインタビュー 感動の実話に、ぐっときた!(2014/03/20)

  • 心が温かく、元気をもらえる最高にハートフルな映画『はじまりのうた』ジョン・カーニー監督インタビュー!!(2015/02/04)

  • 神の手を持つ男CHUCHO VALDES piano soloコットンクラブ(2013/02/16)