• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

【ギャラリーとして作家へ求めること】
社会や対して作家独自の視点を持ち、技術・感性ともに高いレベルで作品に反映すること。

【ギャラリーとして大切にしている感覚】
1200年以上の文化伝統と革新が融合する京都を拠点に活動するギャラリーとして、
受け継がれてきた文化や美意識を様々な形で継承しながらも、現代性を感じさせる表現へと昇華している作品・作家をサポートする。

【今後のギャラリーとしてのあり方】
国内のみならず、海外の展覧会やアートフェアでも積極的に参加。
また、美術館や百貨店での展覧会企画なども手がけ、幅広い層に現代アートを紹介していく。

 

イムラアートギャラリー|東京
住所 :162-0812
東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第三ビル4階 
Tel :03-6457-5258 Fax :03-6457-5259 
開廊時間 :火曜日〜土曜日 / 12:00 – 19:00
休廊日 :日・月・祝祭日

イムラアートギャラリー|京都
住所 : 606-8395
京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31
Tel :075-761-7372 Fax :075-761-7362 
開廊時間 :火曜日〜土曜日 / 11:00 – 19:00
休廊日 :日・月・祝祭日

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 手抜きをせず、愛情を持って子どもを育てるように造ること 勝沼ワイナリー白百合醸造(2014/10/03)

  • 西村画廊 -NISHIMURA GALLERY-(2012/07/18)

  • 映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!(2011/04/29)

  • これは悲劇なのか? 愛の物語なのか?あまりに衝撃的なラストシーンへと向かう 恐ろしくも果無い愛のストーリー!! 映画『マジカル・ガール』(2016/03/12)

  • 愛らしい音を奏でる青鼻ピアニストH ZETT M エイチゼットエム!!彼は何者か?(2012/07/30)

  • どこからともなく湧き出る彼らのエネルギーは、見ているものをはっとさせ、心を踊らせる!!しょうぶ学園【otto&orabu】(2013/05/18)