ジヌ-ロゴー白背景

映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』 松尾スズキ監督×いがらしみきお先生 インタビュー

「一銭も使わないで生きていくためにここに来たんです!」

「なにも買わない なにも売らない ただ 生きていく」

 

現金に触るだけで失神してしまう、前代未聞の深刻な“お金恐怖症”になってしまった元銀行マンが、一円も使わずに生きていくために、過疎化が進む小さな寒村“かむろば村”へやってきた!!

 

お金とは一体なんなのか? 松尾スズキ監督 いがらしみきお先生が語った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いがらし先生記事内画像1NOSVIS)原作を作るきっかけを教えてください。

 

いがらし先生)編集者からの持ち込みのネタと言っていいぐらいこういうのを描いてくれと言われたのがきっかけです。その内容は、限定された場所で起きるファンタジーを描いて欲しいとのことで、私の中でファンタジーについて考えたとき現代だからこそお金を一銭も使わないで生きていくファンタジーというものもあってもよいのではないかと思いこの原作ができました。

となるとこの主人公は、どうやってお金に困っていくのかそこが考えどころでした。よくお金困った事はありませんかと質問を受けますが、私も『ぼのぼの』頃ですらお金には困ってましたよ。収支が合わなくて事務所の運営費がどんどん出ていき銀行に行くのもうんざりしていました。

リアルな話ですみません(笑)

 

NOSVIS)今作の見所を教えてください。

 

松尾監督)テーマ性もそうなのですが、出てくるキャラクターが面白いなと思っていて、例えば両頬を切られた男など、ひとりひとりのキャラクターのエピソードがいいなと思っていました。とくにタケ(松田龍平演じる高見武晴)と与三郎(阿部サダヲ演じる村長の天野与三郎)コンビの突っ込みとボケが入れ替わっていくところがおもしろいですね。

 

いがらし先生)この二人の存在でダブル主演のような感じでもありますね。

ある意味バディムービーですよね。主人公とその周辺で群像として、色々な人が政治的であったり、素朴であったり色々なトラブルが起きていくとそんなストーリーですね。

 

松尾監督記事内画像1

 

松尾監督)ですからタケと与三郎が引かれ合う感じはどうなんだろうと考えましたね。与三郎自身が欠落を抱えているから自分を捨てたいという気持ちになり、人に無償奉仕ができる。タケも同じく欠落を抱えていて、お金にまつわるトラウマからお金が怖くて使うことができない。その結果、周りの人に対して無償奉仕になる、そんな部分がお互い引かれ合うところなのかなと設定してみました。

また見所は人間関係の面白さ、独特な間の笑いですね。

この間は、漫画の中にある間なのですが、何かが起きて1コマ挟んで落とす、1コマ空白の時間があって落ちにいくところなど、いがらしさん流の笑わせ方を参考にしながら進めていきました。

 

ジヌよさらば 記事内先方写真1

関連記事

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • 1990年代をリードした、写真家・高橋恭司「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは(2012/02/05)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 映画『極道大戦争』三池崇史監督と俳優 市原隼人の対談インタビューが明かす二人の思いとは?(2015/06/19)

  • これは悲劇なのか? 愛の物語なのか?あまりに衝撃的なラストシーンへと向かう 恐ろしくも果無い愛のストーリー!! 映画『マジカル・ガール』(2016/03/12)