今注目の女優 門脇麦が、裏風俗を舞台に肉体も精神も剥き出しの人間模様に挑戦!! 映画『愛の渦』門脇麦 インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2014.3.1公開 映画『愛の渦』

 

 

都会の一室で営まれる乱交パーティ。

滑稽なまでに剥き出しの性欲が向かう先は、愛か、果てないただの欲望か。

 

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:1千円、カップル5千円。豪華なマンションの一室に集まったのは、ニート、女子大生、フリーター、保育士など普段の生活では交わりそうもない男女。彼らの目的は「ただセックスがしたい」。しかし滑稽なまでに剥き出しの性欲は、お互いの心も裸にしていく。好意、嫌悪、侮蔑、格差…渦巻く思惑と欲望の一晩が向かう結末とは――

 

 

第50回岸田國士戯曲賞受賞。

『恋の渦』に続き、ポツドールの代表作が、今度は三浦大輔自身の手で、衝撃の映画化。

 

人気劇作家であり演劇ユニット「ポツドール」主宰、商業映画監督デビュー作『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でも高い評価を得、自身の戯曲であり脚本も務めた映画『恋の渦』は、限定公開から異例のヒット&ロングラン。マルチな才能をみせる三浦大輔が、第二の監督作に選んだのは、「ポツドール」の代表作『愛の渦』。性欲と、それにともなって付いてきてしまう感情に振り回される人間の滑稽さや、切なさ。そして剥き出しになる人間の本質をあぶりだし弟50回岸田國士戯曲賞を受賞した伝説の舞台だ。今回映像化するにあたり脚本を書き直し、舞台では描けなかった、結末も新たな愛の渦が巻き起こる。

 

 

2年がかりの企画開発

 

映画化にあたり、裏風俗という設定と劇中の1/4は服を着ていないという内容、さらに三浦監督が役者に求める演技力という、二重三重もの高いハードルで、キャスティングは困難を極め、企画から映画化にこぎつけるまで2年もの年月が費やされた。

若手実力派俳優として頭角を現してきた池松壮亮が、働きもせずにひきこもり、親の仕送りを使って参加する主役の”ニート”に挑むことを決意してくれたことにより、状況が動き出す。ヒロインである、“地味で真面目そうな容姿ながら、誰よりも性欲が強い女子大生”のオーディションは何度も繰り返し行われた。一人におよそ50分もの時間をかけて、役に対する理解を確認し、稽古のように繰り返し何度も演じてもらい、その演技力と内に秘める可能性を見た上で、この過激な作品のヒロインを演じることに対する覚悟を求めた。泣き出す参加者、席を立つ参加者も出た修羅場のようなオーティションで、門脇麦と出会った三浦監督は「彼女と心中するつもりで」作品を撮ると決め、ヒロインに抜擢した。

群像劇的な要素も持つこの映画にとって、その他のキャストもとても重要な役割も持つ。撮影前のリハーサルも必須とされる中、脚本の面白さと三浦大輔自身が監督をするという企画に賛同して、実力と個性を兼ね備えた豪華な俳優陣が集ってくれた。

 

原作・脚本・監督 三浦大輔/Daisuke MIURA

 

 

 

欲望を欲望のまま剥き出しにした非日常のはずが、なぜか限りなくリアルに近い、人々の心の動きが描かれていた。

これは決して ただのエロスではない、私たちを取り巻く人間関係の縮図だ。

NOSVIS        

 

 

 

映画『愛の渦』 2014年3月1日(土)テアトル新宿他にて公開

 

原作・脚本・監督:三浦大輔 
出演:池松壮亮、門脇 麦、新井浩文、滝藤賢一、三津谷葉子 、窪塚洋介、 田中哲司
制作プロダクション:ステアウェイ
製作:映画「愛の渦」製作委員会(東映ビデオ、クロックワークス)
配給:クロックワークス

公式サイト:ai-no-uzu.com

 

 

 

 

関連記事

  • 台湾と日本 話題の合作映画『南風』萩生田監督・朱永菁プロデューサー・黄河さんインタビュー(2014/08/25)

  • 焼きりんごメープルシロップ風味(2012/02/23)

  • SPACE EXPO 宇宙博 2014 -NASA・JAXAの挑戦 公式サポーターの爆笑問題が登場!!ゲストに宇宙飛行士 星出彰彦氏を招き、宇宙教室を開催!(2014/04/17)

  • 一品そこにあるだけで、食卓が賑やかくなるような、そんな幸せごはんを教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ(2012/03/03)

  • 監督 草野なつか × 女優 澁谷麻美 この二人のツートップが素敵な世界観を作り出す!!映画『螺旋銀河 』 インタビュー(2014/04/05)

  • ぽっと温かい明かりが灯る一軒の古民家に、ひとりのバリスタがキューブの枠の中に!!OMOTESANDO KOFFEE(2012/12/13)