WINDBLOW Keison 風や波の音に酔いしれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Keison Photo Gallery ▶

 

夕刻になり会場も涼しくなってきたとき、Keisonの演奏が始まった。静岡を中心に活動しているKeisonはWINDBLOWの出演も常連となった。

 

彼の歌声には不思議な魅力がある。

 

心地よい風を感じながら、今この場で感じたことを歌っているかのようなナチュラルさがあるのだ。まるで波の音が聴こえてくるかのようなサウンドが心を穏やかにした。サーフィンをこよなく愛するKeison、全国津々浦々をサーフボードとギターと共に旅をしているそうだ。真剣に聴き入るひと、風や波の音を感じながら歌声に酔いしれるひと、この日も観客は歌声に酔いしれた。

 

 

 

PROFILE

 

Keison 静岡県出身
中学2年の頃より兄の影響でギターを始める。高校時代バンド結成、パールジャムなどのコピーにて活動(Vocal&Guitar)。93年高校卒業後、浜松、浜名湖、静岡を転々とし、BARやBEACHなどで唄い始める。途中放浪生活を経て94年末頃より拠点を静岡に置き、地元のLIVE&BARで働きながらセッションライブを行うようになる。バンド「LIFE」結成。99年6月にはデビッドリンドレイの来日時のオープニングアクトを務める。

2000年3月シングル「Fine」Epic Recordsでデビューした後、6月シングル「水玉模様」7月ファースト・アルバム「Keison」11月シングル「空に」を連続リリースした。近年では2011年にアンプラグド チャリティー アルバム『Light My Fire』をリリースした。

Keison http://www.kobuchizawa.net/keison

関連記事

  • 映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!(2011/04/29)

  • 一品そこにあるだけで、食卓が賑やかくなるような、そんな幸せごはんを教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ(2012/03/03)

  • 榮久庵憲司氏率いる創造集団GK!!戦後の復興期から共に歩んだデザインの世界!「榮久庵憲司とGKの世界 鳳が翔く」(2013/07/13)

  • 焼き茄子(2012/02/23)

  • 英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展! 世界一のコレクションから至高の風景画が一挙上野に!!「ターナー展」(2013/05/31)

  • アダルトでムーディーなKIIMANのジュエリーの世界! まさかこんな形で空の旅をアテンドされてしまうとは!!(2015/04/05)