WINDBLOW Keison 風や波の音に酔いしれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Keison Photo Gallery ▶

 

夕刻になり会場も涼しくなってきたとき、Keisonの演奏が始まった。静岡を中心に活動しているKeisonはWINDBLOWの出演も常連となった。

 

彼の歌声には不思議な魅力がある。

 

心地よい風を感じながら、今この場で感じたことを歌っているかのようなナチュラルさがあるのだ。まるで波の音が聴こえてくるかのようなサウンドが心を穏やかにした。サーフィンをこよなく愛するKeison、全国津々浦々をサーフボードとギターと共に旅をしているそうだ。真剣に聴き入るひと、風や波の音を感じながら歌声に酔いしれるひと、この日も観客は歌声に酔いしれた。

 

 

 

PROFILE

 

Keison 静岡県出身
中学2年の頃より兄の影響でギターを始める。高校時代バンド結成、パールジャムなどのコピーにて活動(Vocal&Guitar)。93年高校卒業後、浜松、浜名湖、静岡を転々とし、BARやBEACHなどで唄い始める。途中放浪生活を経て94年末頃より拠点を静岡に置き、地元のLIVE&BARで働きながらセッションライブを行うようになる。バンド「LIFE」結成。99年6月にはデビッドリンドレイの来日時のオープニングアクトを務める。

2000年3月シングル「Fine」Epic Recordsでデビューした後、6月シングル「水玉模様」7月ファースト・アルバム「Keison」11月シングル「空に」を連続リリースした。近年では2011年にアンプラグド チャリティー アルバム『Light My Fire』をリリースした。

Keison http://www.kobuchizawa.net/keison

関連記事

  • 鰻寿司(2012/02/23)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • 現代日本人が忘れつつある自然との境界線、自然崇拝を改め感じさせられる作品を見た!造形作家 佐々木誠(2013/02/14)

  • 「どうも〜、木村拓哉です!」と登場したのは、俳優の八嶋智人 Bunkamura25周年特別企画『だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵』(2014/08/08)

  • 東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子氏が、教えてくれるキュレーターの仕事(2013/01/16)

  • 日常に咲く一輪の花のように 心穏やかに、優しく響く彼女の唄声! そして彼女とジブリ映画の出会いとは?手嶌葵インタビュー(2013/06/27)