WINDBLOW Keison 風や波の音に酔いしれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Keison Photo Gallery ▶

 

夕刻になり会場も涼しくなってきたとき、Keisonの演奏が始まった。静岡を中心に活動しているKeisonはWINDBLOWの出演も常連となった。

 

彼の歌声には不思議な魅力がある。

 

心地よい風を感じながら、今この場で感じたことを歌っているかのようなナチュラルさがあるのだ。まるで波の音が聴こえてくるかのようなサウンドが心を穏やかにした。サーフィンをこよなく愛するKeison、全国津々浦々をサーフボードとギターと共に旅をしているそうだ。真剣に聴き入るひと、風や波の音を感じながら歌声に酔いしれるひと、この日も観客は歌声に酔いしれた。

 

 

 

PROFILE

 

Keison 静岡県出身
中学2年の頃より兄の影響でギターを始める。高校時代バンド結成、パールジャムなどのコピーにて活動(Vocal&Guitar)。93年高校卒業後、浜松、浜名湖、静岡を転々とし、BARやBEACHなどで唄い始める。途中放浪生活を経て94年末頃より拠点を静岡に置き、地元のLIVE&BARで働きながらセッションライブを行うようになる。バンド「LIFE」結成。99年6月にはデビッドリンドレイの来日時のオープニングアクトを務める。

2000年3月シングル「Fine」Epic Recordsでデビューした後、6月シングル「水玉模様」7月ファースト・アルバム「Keison」11月シングル「空に」を連続リリースした。近年では2011年にアンプラグド チャリティー アルバム『Light My Fire』をリリースした。

Keison http://www.kobuchizawa.net/keison

関連記事

  • 「Life」それは”たったひとつのこだわり”から彩りはじめる "ふたたび"訪れたくなる店 shop22 / feel art zero(2012/02/13)

  • ぽっと温かい明かりが灯る一軒の古民家に、ひとりのバリスタがキューブの枠の中に!!OMOTESANDO KOFFEE(2012/12/13)

  • 約10年にも及ぶ長き戦い キューバ革命!あの時何が起きていたのかフィデル・カストロ自身が語る赤裸々な自伝!!(2015/03/13)

  • 出雲大社に煎茶を献納している由緒正しいお茶屋 原寿園がおくる生姜、柚子、塩、味の金平糖(2012/06/20)

  • 児玉奈央(2010/08/29)

  • 複数の人格障害と戦い抜いた女性に着想を得た真実の物語 映画『Frankie&Alice(フランキー&アリス)』(2014/08/29)