• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

【ギャラリーとして作家へ求めること】

 センスと個性。作家と画商は運命共同体であると考えています。
この先長いお付き合いをして行く中で、何事にもチャレンジする姿勢、攻める気持ちを持ち続ける事です。

【ギャラリーとして大切にしている感覚】

 元々持っている弊社の筋(カラー)を大切にしつつ、時代の流れと共に新しい感性を取り入れていく。

【今後のギャラリーとしてのあり方】

 若手作家の発掘、育成。国内外での展覧会(アートフェア等)を積極的に行い、グローバルな市場で戦っていける作家を生み出す事。

 

小林画廊
住所 : 東京都中央区銀座 7丁目5番地12号
Tel :03-3574-1898  Fax :03-3574-8227
Open:10:30-18:30
休廊:日曜・祝日

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)

  • 日本で初めてのダニエラ・グレジス企画展が、ギャラリー フィール アート ゼロで開催された!!(2011/01/10)

  • Mangoヨーグルトシャーベット(2012/02/23)

  • リバースプロジェクト -REBIRTH PROJECT-(2012/07/18)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)

  • 日常に咲く一輪の花のように 心穏やかに、優しく響く彼女の唄声! そして彼女とジブリ映画の出会いとは?手嶌葵インタビュー(2013/06/27)