• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

児玉奈央 Photo Gallery ▶

 

 昨年出産をし、2年ぶりの登場となった児玉奈央。

WINDBLOWの看板のひとりでもある彼女はラジオ番組のパーソナリティも務めた。

アコースティックギターやタンバリン、ギロ、マラカスなどを力強く奏でながら歌う柔らかな声は芯があり、印象的に心に残る。

 

 

「大人は子どもを産み、子どもは奇跡を生む」

 

 

という歌詞にもあるように、 母親になった彼女の曲からは、親と子の絆が深く感じられるものが多い。

先日発売されたハナレグミの永積崇が書き下ろした「SPARK」もまた、派手に着飾るのではなく、ぬくもりを残しつつも女性ならではの強さを感じられる一曲だ。穏やかな火が灯っているかのような、そんな児玉奈央の歌声は自然の中でゆったりとした時間を過ごす私たちの心に響いた。

 

 

 

 

PROFILE 

児玉奈央 
2001年、SAKEROCKのギタリストの星野源とPolypを結成。
2002年、ジャムバンドシーンにおける草分け的な存在、MAJESTIC CIRCUSに参加。
2005年、アコースティック・ギターとマンドリンからなるユニット、YoLeYoLeを結成し、2007年1st Album『ひかり』リリース。湘南を拠点に全国の野外イベント、カフェやバー等、大小問わず数多くのライブツアーを行い、各地で人気を得る。2009年1st Solo Album『MAKER』(Tuff Beats) を、2010年2nd Album『SPARK』(FlyingStar Records) をリリース。現在はソロ活動を中心に、Fuji Rock Festival ’10、Rock on the Rock ’10、Greenroom Festival ’11などフェスにも多数出演。2011年7月20日、”児玉奈央と青柳拓次” 名義で、カバーアルバム『Family Songs』(FlyingStar Records)を発売。現在オンエア中の花王リセッシュ CMのCMソングの歌唱を担当、出演もするなど、活動の場を広げている。

児玉奈央 http://naoecho.com/

関連記事

  • 今も昔も変わらぬ味と想い 浜松の地ソース!大正十三年創業 トリイソース!!「西洋醤油」と呼ばれた「ソース」との出会い(2011/01/15)

  • 移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー(2012/10/25)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)

  • 台湾と日本 話題の合作映画『南風』萩生田監督・朱永菁プロデューサー・黄河さんインタビュー(2014/08/25)

  • ホテルコパンへ、ようこそ。 それぞれの人生をかけて、 この世に”希望”があることを証明してください。門馬直人監督インタビュー(2016/02/01)

  • 永遠の歌姫 オマーラ・ポルトゥオンド&キューバの至宝 チューチョ・ヴァルデス インタビュー(2012/05/16)