• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

児玉奈央 Photo Gallery ▶

 

 昨年出産をし、2年ぶりの登場となった児玉奈央。

WINDBLOWの看板のひとりでもある彼女はラジオ番組のパーソナリティも務めた。

アコースティックギターやタンバリン、ギロ、マラカスなどを力強く奏でながら歌う柔らかな声は芯があり、印象的に心に残る。

 

 

「大人は子どもを産み、子どもは奇跡を生む」

 

 

という歌詞にもあるように、 母親になった彼女の曲からは、親と子の絆が深く感じられるものが多い。

先日発売されたハナレグミの永積崇が書き下ろした「SPARK」もまた、派手に着飾るのではなく、ぬくもりを残しつつも女性ならではの強さを感じられる一曲だ。穏やかな火が灯っているかのような、そんな児玉奈央の歌声は自然の中でゆったりとした時間を過ごす私たちの心に響いた。

 

 

 

 

PROFILE 

児玉奈央 
2001年、SAKEROCKのギタリストの星野源とPolypを結成。
2002年、ジャムバンドシーンにおける草分け的な存在、MAJESTIC CIRCUSに参加。
2005年、アコースティック・ギターとマンドリンからなるユニット、YoLeYoLeを結成し、2007年1st Album『ひかり』リリース。湘南を拠点に全国の野外イベント、カフェやバー等、大小問わず数多くのライブツアーを行い、各地で人気を得る。2009年1st Solo Album『MAKER』(Tuff Beats) を、2010年2nd Album『SPARK』(FlyingStar Records) をリリース。現在はソロ活動を中心に、Fuji Rock Festival ’10、Rock on the Rock ’10、Greenroom Festival ’11などフェスにも多数出演。2011年7月20日、”児玉奈央と青柳拓次” 名義で、カバーアルバム『Family Songs』(FlyingStar Records)を発売。現在オンエア中の花王リセッシュ CMのCMソングの歌唱を担当、出演もするなど、活動の場を広げている。

児玉奈央 http://naoecho.com/

関連記事

  • 四ツ谷にお店を構えて40年目『フルーツパーラーフクナガ』あ〜季節の巡りが待ち遠しい!!(2012/06/15)

  • 第17回文化庁メディア芸術祭 日本のアニメを先導した男、アニメーション映画監督 杉井ギサブロー氏インタビュー(2014/02/16)

  • 大須の隠れ家!!珈琲やフレーバーティーを味わいながらシーシャ(水たばこ)を味わう「Kemuri」!(2012/11/12)

  • 消えた記憶を集めながら、確かに刻む 次への一歩 ディジュリドゥの奏者GOMA 再起不能と言われた事故から苦難を乗り越へて!!(2013/07/23)

  • 北里大学からすぐ近く、恵比寿2丁目にある昔なつかしの洋食屋「ハチロー」人を感じられる美味しさ!!(2012/04/15)

  • 今注目の女優 門脇麦が、裏風俗を舞台に肉体も精神も剥き出しの人間模様に挑戦!! 映画『愛の渦』門脇麦 インタビュー(2014/02/28)