キューバンヒップホップを源とした表現で、アンダーグラウンドのみならず、広くワールドミュージックシーンで活躍するKumar Sublevao-Beat インタビュー

彼とヒップホップとの出会とは?そしてこれから向かう彼の音楽の方向とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Kumar Sublebao-Beatインタビュー記事内画像1

N)初めてヒップホップと出会った時の印象を教えていただけますか。

 

14歳ぐらいのとき、友人がカセットテープを聞かせてくれて、それが“僕のHip Hop”との出会いでした。音楽と歌詞にすごく心弾かれたことを今でもよく覚えています。「この人たちとこの音楽をやりたい!」と強く感じました。それまでにもちろん、アメリカのHip Hopは知っていましたが、ぜんぜんピンと来ていなくて。でも、友人が聞かせてくれたのは、僕の住んでいた地域の人が作ったキューバンHip Hopで、僕にとってのリアルな世界そのものでした。「コレだ!コレで自分を表現しよう!!」という感じでした。

 

N)なぜ自分を“表現”したかったのですか?

 

僕の生まれ育ったハバナ郊外のマンティージャという地域は、複雑な事情を持つ場所でした。日常的に覆い被さる、いろんな出来事や感情から産まれる悪いエネルギーを、背後に押しやりたかったんだと思います。あと、マンティージャには、アフリカから来たいろんな宗教が共存していて、黒人文化に強く影響を受けた音楽にあふれていましたが、直感的にHip Hopはその仲間で、かつ新しい自分たちの世代のための音楽だと思えたので、表現する事自体が自然でした。とにかく僕にとってHip Hopは、パーフェクトな存在でした。

 

 

N)故郷での印象的な思い出を教えてください。

 

個人的なこと、音楽のキャリアのこと、いろんな出来事がありましたが、あまりよく覚えていません。(笑)でも、感じた“気持ち”や“衝動”についてはよく覚えています。初めてキューバンHip Hopのカセットを聞かせてもらった時の「これやりたい!!」という気持ちは、今でも私の原動力です。それらは、僕が作った音楽にエッセンスとして入っているし、これから作る音楽の中にもきっと反映されると思います。今回、豊橋市にある石巻山に登りましたが、本当に素晴らしくて感動しました。その時のインスピレーションも近い将来、僕の音楽になると思います。

 

Kumar Sublebao-Beatインタビュー記事内画像2

 

N)いわゆるパーティーチューン的なものではなく、生きるために必要なポジティブなメッセージを歌われていますね。

 

エンターテイメントのためではなく、魂から産まれるものをそのまま届けたいので、自然とメッセージを伝えるスタイルになっています。元々音楽の根源をたどると、気持ちを深めるためになされていたようです。“レクリエーション”というよりは、“クリエーション”に近いことです。僕の音楽は、週末の騒ぎたい時に聞いてもらうのもいいですが、料理をする時、リラックスする時、大事な人と過ごす時など、日常的な場面で聞いて欲しいと思います。その中で、何かしらのインスピレーション、知恵、真実、高ぶる気持ちなどを感じ取ってもらえたら嬉しいです。音楽を通して感じてもらえることって、きっとルーツや歴史に関係なく、人の本質、魂に近いものじゃないかなと思います。それを共有できるって、とても素敵な事ですよね。

 

関連記事

  • 英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展! 世界一のコレクションから至高の風景画が一挙上野に!!「ターナー展」(2013/05/31)

  • グレース・ケリーの実話をもとにしたフィクション映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』10月18日よりロードショー(2014/08/27)

  • 発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、いよいよ実写映画化!!(2014/06/23)

  • 蔵丘洞画廊 -Zokyudo Gallery Kyoto-(2012/07/18)

  • 永遠の歌姫 オマーラ・ポルトゥオンド&キューバの至宝 チューチョ・ヴァルデス インタビュー(2012/05/16)

  • PAPA U-Gee(2010/08/29)