1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

 

1990年代をリードした、写真家・高橋恭司。

 

高橋恭司の処女作品集『THE MAD BROOM OF LIFE』(1994)は、ジョエル・メロウィッツ、ウィリアム・エグルストン、スティーヴン・ショアらによるニュー・カラーの流れを引き受け、それに真正面から返答することによって、日本の写真史を切断した。18年後のいま、あの決定的な一冊に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え、新たな衝撃とともに写真の新時代を告げる「異展」が幕をあけた。

関連記事

  • ささっと作れてほっこり美味しい「おやつ」を教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ【おやつ】(2012/02/27)

  • ふろふき大根(2012/02/23)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • J-WAVEのナビゲーターとしてもお馴染みのロバート・ハリス氏の女性遍歴エッセイ集『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』(2013/08/10)

  • 注目の話題作!! 映画『KANO』スペシャルインタビュー 感動の実話に、ぐっときた!(2014/03/20)

  • 4K3Dカメラで大自然に挑んだ最新作『ネイチャー』日本語ナレーション版でナビゲーターを担当する滝川クリステルさん登場!(2014/04/13)