1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

 

1990年代をリードした、写真家・高橋恭司。

 

高橋恭司の処女作品集『THE MAD BROOM OF LIFE』(1994)は、ジョエル・メロウィッツ、ウィリアム・エグルストン、スティーヴン・ショアらによるニュー・カラーの流れを引き受け、それに真正面から返答することによって、日本の写真史を切断した。18年後のいま、あの決定的な一冊に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え、新たな衝撃とともに写真の新時代を告げる「異展」が幕をあけた。

関連記事

  • 消えた記憶を集めながら、確かに刻む 次への一歩 ディジュリドゥの奏者GOMA 再起不能と言われた事故から苦難を乗り越へて!!(2013/07/23)

  • 日本で初めてのダニエラ・グレジス企画展が、ギャラリー フィール アート ゼロで開催された!!(2011/01/10)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 地元に愛され続ける昔懐かしの甘味所「みどりや」大興奮かき氷「フルーツチョコミルク金時フロート」を食べに!!(2012/02/13)

  • 愛らしい音を奏でる青鼻ピアニストH ZETT M エイチゼットエム!!彼は何者か?(2012/07/30)

  • 監督 草野なつか × 女優 澁谷麻美 この二人のツートップが素敵な世界観を作り出す!!映画『螺旋銀河 』 インタビュー(2014/04/05)