1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

 

1990年代をリードした、写真家・高橋恭司。

 

高橋恭司の処女作品集『THE MAD BROOM OF LIFE』(1994)は、ジョエル・メロウィッツ、ウィリアム・エグルストン、スティーヴン・ショアらによるニュー・カラーの流れを引き受け、それに真正面から返答することによって、日本の写真史を切断した。18年後のいま、あの決定的な一冊に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え、新たな衝撃とともに写真の新時代を告げる「異展」が幕をあけた。

関連記事

  • 日本1おバカな短編映画際『鉄ドン』! 観客にとっても持久戦となるこの映画祭が、今話題に!!(2015/05/02)

  • 透明感と芯のある強さ、そして知性とユーモア溢れる松岡茉優の魅力に迫る!!松岡茉優インタビュー(2013/08/29)

  • 焼きりんごメープルシロップ風味(2012/02/23)

  • イムラアートギャラリー(2012/07/18)

  • SNIFF OUT 2013のイメージキャラクターを務める「ミラーボールマン」の生みの親 現代アーティスト西野 達 Tatzu Nishi(2013/05/16)

  • アートフェア東京2012レポート(2012/05/15)