1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

 

1990年代をリードした、写真家・高橋恭司。

 

高橋恭司の処女作品集『THE MAD BROOM OF LIFE』(1994)は、ジョエル・メロウィッツ、ウィリアム・エグルストン、スティーヴン・ショアらによるニュー・カラーの流れを引き受け、それに真正面から返答することによって、日本の写真史を切断した。18年後のいま、あの決定的な一冊に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え、新たな衝撃とともに写真の新時代を告げる「異展」が幕をあけた。

関連記事

  • Mangoヨーグルトシャーベット(2012/02/23)

  • 移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー(2012/10/25)

  • 「SNIFF OUT」参加決定 ヤノベケンジ!!瀬戸内国際芸術祭へ参戦中の小豆島へSNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に偵察!(2013/05/01)

  • これだけ美しく穏やかな映画を見たのは、何年ぶりだろう。 日常のリアリズム 感情のリアリズムがこの作品に閉じ込められていた。(2015/05/28)

  • これは悲劇なのか? 愛の物語なのか?あまりに衝撃的なラストシーンへと向かう 恐ろしくも果無い愛のストーリー!! 映画『マジカル・ガール』(2016/03/12)

  • 児玉奈央(2010/08/29)