1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

 

1990年代をリードした、写真家・高橋恭司。

 

高橋恭司の処女作品集『THE MAD BROOM OF LIFE』(1994)は、ジョエル・メロウィッツ、ウィリアム・エグルストン、スティーヴン・ショアらによるニュー・カラーの流れを引き受け、それに真正面から返答することによって、日本の写真史を切断した。18年後のいま、あの決定的な一冊に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え、新たな衝撃とともに写真の新時代を告げる「異展」が幕をあけた。

関連記事

  • 数々の話題作に出演し枠にとらわれない彼の演技は、作品の屋台骨を支える!! 俳優 落合モトキ インタビュー(2014/11/17)

  • 日本の戦隊物の大ファンだという ミコ・リヴェロ監督が見せるヒーローを演じる出稼ぎ男の奮闘記!!(2014/04/28)

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』 松尾スズキ監督×いがらしみきお先生 インタビュー お金とはなんなのか?2人が語った!!(2015/04/03)

  • 開幕を明日に迫った2014年7月11日『特別展 ガウディ×井上雄彦 – シンクロする創造の源泉 – 』井上雄彦を通して見た人間ガウディ像とは!(2014/07/11)