1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

  
表参道駅から5分ほどのところに今回の会場「valveat81」はある。通りの反対側のヨックモックが目印になるだろうか、ガラス張りの建物の間にある緩やかな坂を登ると、すぐに中庭にでる。中庭左手にある階段を登った2階が展示会場だ。

 

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」という名の本展では、『THE MAD BROOM OF LIFE』に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え展示されている。

関連記事

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • 鰻寿司(2012/02/23)

  • 『アベンジャーズ』『アイアンマン』のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014/08/26)

  • 粋とは気取らぬこと! 地元にある行きつけのお寿司屋さん すし処「鮨けん」 高級寿司店もいいかもしれないけど、こんなお店が好きだな〜!!(2012/02/15)

  • suzumoku(2010/08/29)

  • 東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子氏が、教えてくれるキュレーターの仕事(2013/01/16)