1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

  
表参道駅から5分ほどのところに今回の会場「valveat81」はある。通りの反対側のヨックモックが目印になるだろうか、ガラス張りの建物の間にある緩やかな坂を登ると、すぐに中庭にでる。中庭左手にある階段を登った2階が展示会場だ。

 

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」という名の本展では、『THE MAD BROOM OF LIFE』に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え展示されている。

関連記事

  • 渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)(2012/05/30)

  • 素材の味がぎっしりとつまった食べごたえのある酵母マフィンのレシピを教えて!!美穂さんの酵母パンレシピ『マフィン』(2012/07/18)

  • ガレット、クレープの名店「オ・タン・ジャディス」20年間変わらぬメニューに舌鼓!!(2012/07/02)

  • Tristian Koenig(2012/07/18)

  • 手塚治虫を嫉妬させた男 辰巳ヨシヒロの半生を映画化!!『TATSUMI マンガに革命を起こした男』(2014/11/13)

  • SNIFF OUT 2013のイメージキャラクターを務める「ミラーボールマン」の生みの親 現代アーティスト西野 達 Tatzu Nishi(2013/05/16)