1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

  
表参道駅から5分ほどのところに今回の会場「valveat81」はある。通りの反対側のヨックモックが目印になるだろうか、ガラス張りの建物の間にある緩やかな坂を登ると、すぐに中庭にでる。中庭左手にある階段を登った2階が展示会場だ。

 

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」という名の本展では、『THE MAD BROOM OF LIFE』に収録された8点のヴィンテージプリントに11点の新作を加え展示されている。

関連記事

  • 彼とヒップホップとの出会とは?そして これから向かう彼の音楽の方向とは?Kumar Sublevao-Beatインタビュー(2015/03/01)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • 建築家、谷口吉生氏が設計を担当した京都国立博物館「平成知新館」が、5年余りの休館を経て、ついに開館!!(2014/08/20)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 4K3Dカメラで大自然に挑んだ最新作『ネイチャー』日本語ナレーション版でナビゲーターを担当する滝川クリステルさん登場!(2014/04/13)

  • 一品そこにあるだけで、食卓が賑やかくなるような、そんな幸せごはんを教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ(2012/03/03)