1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

       

「写真」がとらえているのは、風景の中のたった一部にしかすぎないのだが、じっと写真を眺めていると、そこに吹く風や空気感、匂いが感じられ、手元の時計が写真を撮ったその時を指しているのではないかと錯覚してしまうほどリアルなのだ。写真でありながらも、まるで、描いていったかのような作品からは、何気ない日常の風景も、哀愁漂い、まさにノスタルジアを感じられる。そんな作品をつくり出す、高橋恭司さんにいくつか質問をなげかけた。

関連記事

  • 日本という特殊な場所だから、ジャンルの枠を超えて活動する人が面白い!山本現代 ディレクター 山本裕子(2013/04/26)

  • 蔵丘洞画廊 -Zokyudo Gallery Kyoto-(2012/07/18)

  • 病気になったバーテンダーの一日9皿のおいしくて体にやさしい食事!!藤村公洋さんの「罪ほろぼし レシピ」(2012/12/12)

  • 伝説の艦船画家 上田毅八郎 × 株式会社タミヤ代表取締役会長 田宮俊作 インタビュー!!(2011/01/13)

  • 子どもの本専門店 メリーゴーランド京都店 鈴木さんのオススメ絵本5冊をご紹介!!(2010/11/13)

  • アート界の魔人!世界的サイデリック・マスター 田名網敬一が新たに仕掛けるTシャツという名の爆発弾!! (2012/05/14)