1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

       

「写真」がとらえているのは、風景の中のたった一部にしかすぎないのだが、じっと写真を眺めていると、そこに吹く風や空気感、匂いが感じられ、手元の時計が写真を撮ったその時を指しているのではないかと錯覚してしまうほどリアルなのだ。写真でありながらも、まるで、描いていったかのような作品からは、何気ない日常の風景も、哀愁漂い、まさにノスタルジアを感じられる。そんな作品をつくり出す、高橋恭司さんにいくつか質問をなげかけた。

関連記事

  • PAPA U-Gee(2010/08/29)

  • 一品そこにあるだけで、食卓が賑やかくなるような、そんな幸せごはんを教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ(2012/03/03)

  • 2大オスカー俳優の初共演!!『ブラック・ファイル 野心の代償』シンタロウ・シモサワ監督インタビュー(2017/01/05)

  • 開幕を明日に迫った2014年7月11日『特別展 ガウディ×井上雄彦 – シンクロする創造の源泉 – 』井上雄彦を通して見た人間ガウディ像とは!(2014/07/11)

  • 榮久庵憲司氏率いる創造集団GK!!戦後の復興期から共に歩んだデザインの世界!「榮久庵憲司とGKの世界 鳳が翔く」(2013/07/13)

  • 西村画廊 -NISHIMURA GALLERY-(2012/07/18)