1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

       

「写真」がとらえているのは、風景の中のたった一部にしかすぎないのだが、じっと写真を眺めていると、そこに吹く風や空気感、匂いが感じられ、手元の時計が写真を撮ったその時を指しているのではないかと錯覚してしまうほどリアルなのだ。写真でありながらも、まるで、描いていったかのような作品からは、何気ない日常の風景も、哀愁漂い、まさにノスタルジアを感じられる。そんな作品をつくり出す、高橋恭司さんにいくつか質問をなげかけた。

関連記事

  • 髙橋恭司展『果色(けしき)』Supported by Tupperware®(2013/09/27)

  • 粋とは気取らぬこと! 地元にある行きつけのお寿司屋さん すし処「鮨けん」 高級寿司店もいいかもしれないけど、こんなお店が好きだな〜!!(2012/02/15)

  • WINDBLOW Spinna B-ILL ステージへの思い(2010/08/29)

  • NAU代表の三宅洋平氏を中心に、代々木公園をメイン会場にした『大デモ』が行われた!この活動について皆さんは、どう感じますか?(2013/12/07)

  • カリスマ的スケーターとして世界のストリートに影響を与えた『トミー・ゲレロ』新作リリース来日ツアー 特別インタビュー(2015/03/11)

  • 日本1おバカな短編映画際『鉄ドン』! 観客にとっても持久戦となるこの映画祭が、今話題に!!(2015/05/02)