1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

       

「写真」がとらえているのは、風景の中のたった一部にしかすぎないのだが、じっと写真を眺めていると、そこに吹く風や空気感、匂いが感じられ、手元の時計が写真を撮ったその時を指しているのではないかと錯覚してしまうほどリアルなのだ。写真でありながらも、まるで、描いていったかのような作品からは、何気ない日常の風景も、哀愁漂い、まさにノスタルジアを感じられる。そんな作品をつくり出す、高橋恭司さんにいくつか質問をなげかけた。

関連記事

  • 卓越したスキルと選曲で、フロアをロックし続けている!DJ HIRAKATSU !(2010/08/15)

  • ゆず茶(2012/02/23)

  • SNIFF OUT実行委員会の杉本裕一氏フェス開催への思いとは!!(2013/04/24)

  • 英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展! 世界一のコレクションから至高の風景画が一挙上野に!!「ターナー展」(2013/05/31)

  • 髙橋恭司展『果色(けしき)』Supported by Tupperware®(2013/09/27)

  • 小林画廊-Kobayashi Gallery-(2012/07/18)