1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高橋恭司さんインタビュー

 

——「時代」と「色」の関係性とはどのようなことだと思われますか?

ピカソの「青」の「時代」とか!

 

——なにげない日常生活を撮られていますが、作品の中に映し出したいものとは?

はかり知れない多重なイメージ。

 

——高橋さんにとって今も目に焼き付いているワンシーンは?

二重の虹。

 

——高橋さんにとって「故郷」とは?

手にとっての指。雨上がりの水たまり。

 

——高橋さんにとって「ノスタルジア」(懐かしいと感じるもの)とは?

狂気に近いすれ違い。運命的な不可思議さがあるとしたら。

関連記事

  • 82歳の女性が国を訴えた!? 数奇な運命を辿った名画に秘められた真実の物語が、今明かされる!!(2015/11/27)

  • 「Life」それは”たったひとつのこだわり”から彩りはじめる "ふたたび"訪れたくなる店 shop22 / feel art zero(2012/02/13)

  • トヨタグループの創始者であり、日本初の動力織機や自動織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献した豊田佐吉に迫る!!(2012/09/15)

  • 日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』(2013/03/01)

  • 3年間で無敵の52勝を挙げ、日本のレーシングシーンを騒がせ伝説を作ったスカイラインGT-R☆(2010/06/13)

  • 彼とヒップホップとの出会とは?そして これから向かう彼の音楽の方向とは?Kumar Sublevao-Beatインタビュー(2015/03/01)