1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高橋恭司さんインタビュー

 

——「時代」と「色」の関係性とはどのようなことだと思われますか?

ピカソの「青」の「時代」とか!

 

——なにげない日常生活を撮られていますが、作品の中に映し出したいものとは?

はかり知れない多重なイメージ。

 

——高橋さんにとって今も目に焼き付いているワンシーンは?

二重の虹。

 

——高橋さんにとって「故郷」とは?

手にとっての指。雨上がりの水たまり。

 

——高橋さんにとって「ノスタルジア」(懐かしいと感じるもの)とは?

狂気に近いすれ違い。運命的な不可思議さがあるとしたら。

関連記事

  • 健康的な食生活、いくつもの旅、十分な読書と共に、生活の一部として Aesop −イソップ−創業25周年企画!(2012/10/26)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)

  • 株式会社パワーショベル プレゼンツ プラモデルのように組立てる新作カメラ! LAST CAMERA project!!(2012/09/28)

  • 創立100周年を迎えた赤レンガ倉庫で日本最大級のカスタムカーイベント、アメフェスが開催された!!(2010/12/20)

  • 2人の男とマルコの間に芽生えた 実話から生まれた 愛に溢れた作品!映画『チョコレートドーナッツ』(2014/07/26)

  • 卓越したスキルと選曲で、フロアをロックし続けている!DJ HIRAKATSU !(2010/08/15)