1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高橋恭司さんインタビュー

 

——「時代」と「色」の関係性とはどのようなことだと思われますか?

ピカソの「青」の「時代」とか!

 

——なにげない日常生活を撮られていますが、作品の中に映し出したいものとは?

はかり知れない多重なイメージ。

 

——高橋さんにとって今も目に焼き付いているワンシーンは?

二重の虹。

 

——高橋さんにとって「故郷」とは?

手にとっての指。雨上がりの水たまり。

 

——高橋さんにとって「ノスタルジア」(懐かしいと感じるもの)とは?

狂気に近いすれ違い。運命的な不可思議さがあるとしたら。

関連記事

  • 2大オスカー俳優の初共演!!『ブラック・ファイル 野心の代償』シンタロウ・シモサワ監督インタビュー(2017/01/05)

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • ワールド・ミュージック・シーンのトップアーティストYUSAがコットンクラブに登場!!YUSAインタビュー(2012/07/07)

  • 髙橋恭司展『果色(けしき)』Supported by Tupperware®(2013/09/27)

  • 北里大学からすぐ近く、恵比寿2丁目にある昔なつかしの洋食屋「ハチロー」人を感じられる美味しさ!!(2012/04/15)

  • 興行収入90億円! インド映画歴代No.1の興行収入を記録の話題作『チェイス!』!!ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ監督インタビュー(2014/12/04)