1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

                
本展は、かつて『THE MAD BROOM OF LIFE』という書名を与え、写真集の発行直後に亡くなった詩人・作家のチャールズ・ブコウスキーに捧げられる「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」。

高橋恭司 「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

会期:2012年2月25日(土)-2012年3月10日(土)


時間:12:00-20:00(休館日なし)


会場:valveat81 東京都港区南青山 4-21-26 2F Tel.03-6406-0252

  HP:http://contrarede.com/mad2

関連記事

  • フランク・ミュラーが、チャリティーモデルとし「LONG ISLAND COURAGE(ロングアイランドクラージュ)」限定22本の時計を発表!!(2011/07/18)

  • 「SNIFF OUT」参加決定 ヤノベケンジ!!瀬戸内国際芸術祭へ参戦中の小豆島へSNIFF OUTイメージキャラクターのミラーボールマンと共に偵察!(2013/05/01)

  • 音楽と人と自然が、共にある贅沢な野外フェスWIND BLOW 2010 潮風香、海の音と共に(2010/08/30)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)