1990年代をリードした、写真家・高橋恭司

「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

                
本展は、かつて『THE MAD BROOM OF LIFE』という書名を与え、写真集の発行直後に亡くなった詩人・作家のチャールズ・ブコウスキーに捧げられる「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」。

高橋恭司 「異展  ザ マッド ブルーム オブ ライフ」

会期:2012年2月25日(土)-2012年3月10日(土)


時間:12:00-20:00(休館日なし)


会場:valveat81 東京都港区南青山 4-21-26 2F Tel.03-6406-0252

  HP:http://contrarede.com/mad2

関連記事

  • 生きるレジェンド TAPマスター!!アーサー・ダンカン Arthur Duncanインタビュー(2012/08/15)

  • グレース・ケリーの実話をもとにしたフィクション映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』10月18日よりロードショー(2014/08/27)

  • 画家、木原千春  彼女が「Vitalism2」で描いたのは、日本人にとって柱にもなっている干支だった。 色、形、空間の持つ意味とは……。(2013/11/02)

  • 音楽がつなぐ予想外の出会いと、 最高のはじまりの物語!!映画『はじまりのうた』クチコミパワーで5館から1300館へ異例の大ヒット!!(2015/02/05)

  • ゴーヤとツナと豆腐のサラダ(2012/02/22)

  • 移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー(2012/10/25)