表参道タイカレーの店、ラーイマーイ!元々クリーニング店だったこの場所が、今はふらっと寄りたくなるタイ料理店!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

LaiMai

表参道駅A1出口から徒歩3分。以前はロイヤルホストが目印だったが、現在では、整理券を求め多くの人たちが並ぶ、北欧雑貨の店「フライングタイガー」の角を右手に曲がったすぐのところに、ひっそりと構えているタイ料理店がある。

ランチタイムでのテイクアウトを中心に2013年8月19日にお店がオープンしたのだが、夜も営業して欲しいという要望に応え、現在では11時30分から15時までの昼営業と、17時30分から22時30分までの夜営業の2回になった。

写真:プレート1000円 (ごはん・サラダ・ガパオ・チキン炙り焼き・生春巻き・豚肉ピリ辛炒め)

ランチボックスは、毎日変わる約10種のおかずの中から3種と、サラダとご飯で900円。夜のプレートは、おかず4種になり1000円で食べることができる。店内はテーブル席3つと、2、3人が座ることができるカウンターのみ、という、小さな店内なのだが、まるで友達の家に遊びにきたかのような安心感もある。そのため、周りを気にせずに、ひとりでゆっくりと味わうのにも、働くタイ人のお母さんたちとの会話を楽しみながら、ご飯を食べるのにもいい空間だ。

続きを読む>>   

 

 

関連記事

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • トヨタグループの創始者であり、日本初の動力織機や自動織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献した豊田佐吉に迫る!!(2012/09/15)

  • 大阪アジアン映画祭「スペシャルメンション」を受賞したフィリピン映画『アニタのラスト・チャチャ』(2014/04/15)

  • 早朝からCafé&Meal MUJI南青山店には多くの人たちが集まり 「さしすせそ」の順番に、二種類の調味料の食べ比べが行われた。(2014/03/03)

  • Tristian Koenig(2012/07/18)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)