ただひたすらに娘を愛し そして娘の夢を叶えたいその一心が 魔のサイクルへと誘った。

これは悲劇なのか? 愛の物語なのか? 
あまりに衝撃的なラストシーンへと向かう 恐ろしくも果無い愛のストーリー!!
 
今注目の監督カルロス・ベルムトの世界観に迫る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『マジカル・ガール』5

 

NOSVIS 監督が思う理性と欲望の言葉の意味とは何ですか?

 

ベルムト監督 いつも理性と欲望について考えています。

まず理性についてですが、理性は常に欲望と戦うものであり、欲望は本能でもあります。そして人間にとって理性というものが、人間として存在できる最も基本だと考えています。

私自身は、無宗教ですし、UFOも幽霊も信じていません。けれども人には非難できるオアシスのような場所が必要なのではないかと思います。

私は特に本能、欲望と戦う人間なので理性はとても大切なものだと思っています。

 

そして欲望ですが、私は元々カトリックの学校で教育を受け、両親もカトリック教徒です。そこで最初に教えられる事が罪についてです。

つまりは欲望を持つ事が罪だと教えられました。しかし私は、人は理性的になればなるほどより欲望を持つのではないかと思います。

なぜかと言うと欲望=罪なので、罪を犯してはいけない、と欲望から遠ざかろうとするほど、そのことについて考えてしまう。だから理性と欲望は常に両立するものだと思います。

 

NOSVIS 監督にとって映画とは?

 

ベルムト監督 映画の定義のようなものは特にありませんが、私にとっての「映画」という意味では、とても個人的な事で、エゴイストな行動だと思います。そして映画は、多くを語ってくれるものだと思っています。

 

そして最後に、監督から見た日本とはどのようなものなのか?イラストで表現して頂いた。

監督から見た日本とは、まさかの変態大国日本という事なのだろうか?このチャーミングなユーモラスと確固たる世界観、次回作が楽しみでならない!!

 

『マジカル・ガール』記事内画像

 

3月12日(土)より

ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか

全国順次ロードショー!

 【公式サイト】http://www.bitters.co.jp/magicalgirl/

copan_posin 

監督: カルロス・ベルムト  

出演: ホセ・サクリスタン、バルバラ・レニー、ルイス・ベルメホ、ルシア・ポジャン

2014年/スペイン/カラー/127分/シネスコ 配給:ビターズ・エンド

Una producción de Aquí y Allí Films, España. Todos los derechos reservados©

 

関連記事

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 焼き茄子(2012/02/23)

  • 夫婦が駆け抜けた493日の記録が大胆な設定を加えついに映画化! 映画『夫婦フーフー日記』前田弘二監督インタビュー(2015/05/23)

  • 健康的な食生活、いくつもの旅、十分な読書と共に、生活の一部として Aesop −イソップ−創業25周年企画!(2012/10/26)

  • 開幕を明日に迫った2014年7月11日『特別展 ガウディ×井上雄彦 – シンクロする創造の源泉 – 』井上雄彦を通して見た人間ガウディ像とは!(2014/07/11)

  • 現代社会の抱える闇に巣くう 隣人という名の悪魔に あなたは気付く事ができますか?映画『クリーピー偽りの隣人』(2016/06/17)