世界三大飲料のひとつ「マテ茶」の魅力とは?グリーン・マテ、ロースト・マテマテ とは??協会 会長北島さんが、教えてくれた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世界三大飲料のひとつ「マテ茶」の魅力とは

  

コーヒー、紅茶に並ぶ世界三大飲料のひとつであるマテ茶。最近では、TVCMでも流れているため目にしたり、耳にしたりしたことのある方も多いかもしれません。しかし、世界三大飲料と言われながらも、コーヒーや紅茶と比べると浸透率が低いのも現状です。栄養価も非常に高く、食事や、スポーツの最中に摂取するのも、とても良いといわれるにも関わらず、国内で浸透率が低いのは、何故なのでしょうか。

 

その理由はふたつ挙げられます。

ひとつめとして、コーヒーやお茶は、あちらこちらに産地がある中で、マテ茶の木は、南米の限られた地域でしか育たないことです。マテ茶の木は、イグアスの滝周辺の火山溶岩流が風化してできたテラロッサとよばれる、鉄分やカルシウムを豊富に含んだ赤土の土壌でしか育たないため、マテ茶の生産国はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3カ国に限られています。
そして、ふたつめは、限られた生産国がアジアの裏側なため、情報が行き届きにくい、というのが理由にあります。

 

関連記事

  • 平成9年度から毎年開催されている「文化庁メディア芸術祭」は、今年で17回目を迎えた!!今年の応募総数は、過去最高の4347作品(2013/12/20)

  • 画家、木原千春  彼女が「Vitalism2」で描いたのは、日本人にとって柱にもなっている干支だった。 色、形、空間の持つ意味とは……。(2013/11/02)

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • J-WAVEのナビゲーターとしてもお馴染みのロバート・ハリス氏の女性遍歴エッセイ集『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』(2013/08/10)

  • 一品そこにあるだけで、食卓が賑やかくなるような、そんな幸せごはんを教えてくれる!!弥生さんのわくわくレシピ(2012/03/03)

  • 京都木屋町高瀬川沿いにある、締めに食べたくなる くさくて こってり「博多長浜ラーメン みよし」!!(2013/05/03)