• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その子の気になることが、気になってきちゃうんです。

 

——普段の松岡さんと、女優としての松岡さんとは違いがありますか?

 

役と、私の差はあるんですが、お仕事を本名でやらせて頂いているので、そこにはあまり差がないですね。やっぱり、偉い方や、尊敬している先輩に会ったら、かしこまったり、緊張をしたりしますけど、お芝居をするときだけ、気持ちが変わるだけで、普段は、友達といるときとあまり変わらずやっている方だと思っています。

ただ、好かれたくて女優になった、という思いもあって、嫌われるような役は嫌だな、と思っていた時期もあったんです。でも、ちょうど沙奈ちゃんをやった頃から、私は私で変わりはないので、あまり気にしないようになりましたね。

沙奈ちゃんも荒っぽいですが、今『斉藤さん2』でやっている冴ちゃんって、言葉遣いも悪くて、気性が激しい子なので、私生活でも母と口喧嘩をする回数が圧倒的に増えるんですよ。『絶叫学級』のときは、母ともすごく仲良くて、一緒に映画を観にいったり、出かけたりしたのに、冴ちゃんの起伏が激しいときには喧嘩をしてしまったり、逆に、7話以降、冴ちゃんが変わっていくのですが、7話を撮り終わった直後から、また母と仲良くなれて、一緒にプールに行っちゃったりとか。私的には変わっていないつもりでも、喧嘩するということは、変わっているのだと思うので、私の周りにいる人たちには迷惑をかけていますね。

 

 

——その時期は、その役になりきっているんですね。

 

なんでしょうね。イライラしている役って、なんだか、どうしてもイライラしてくるんですよね。その子の気になることが、気になってきちゃうんです。普段はそんなに気にならないのに、電車で学生がすごく大きな声で話しているのを見ると、本当にうるさいなと思うし、ささいなことで、ピリピリしちゃうときはありますね。友達とは、その時期会いたくなかったら、会わなくてもいいんですけど、家族は一緒に暮らしているので、毎日顔を合わせるし、会わないといけないから申し訳ないなって思っています。

 

 

——友達から呼ばれているあだ名はありますか?

 

マユですね。私は、あだ名をつけてもらったことがあまりないんですが、「鈴木先生」というドラマや映画を撮影しているときに、私が一番年長だったので、「ママ」って呼ばれていたんです。なんだかお母さんっぽかったみたいなんですよ。なので、その子たちからは、今でもママって呼ばれていますね。嬉しいんだか、なんなんだか分からないんですけど。

 

 

——お姉さん気質なんですね。

 

甘ったれなんですけどね。長女なんですよ。従兄弟の中でも一番上なので、そうなんですかね。おせっかいなのかもしれないですね。

 

 

——どんな人になりたい、という理想像はありますか?

 

たくさんあります。「この方のこの作品がすごくよかった」とか、「この方のインタビュー、すごく素敵だな」とか、俳優さんとしてなりたい方はたくさんいるんですよ。ただ、一人の人間としては、いつか結婚をして、子どもを三人産みたいんです。子育てをしながら、仕事を続けていきたいな、って思っているので、家庭を持ちたいですね。いつか出逢えたら。

 

 

——素敵な家庭で育ったんですね。

 

そうですか!?ありがとうございます。

 

続きを読む >> 

 

 

 

関連記事

  • 世界三大飲料のひとつ「マテ茶」の魅力とは?マテ茶協会 会長北島さんが、教えてくれた!!(2012/04/15)

  • 累計130万本を突破した大ヒットホラーゲーム「零」シリーズ待望の実写映画化!『劇場版 零~ゼロ~』 中条あやみ×森川葵 インタビュー (2014/09/22)

  • 今も昔も変わらぬ味と想い 浜松の地ソース!大正十三年創業 トリイソース!!「西洋醤油」と呼ばれた「ソース」との出会い(2011/01/15)

  • 映画『極道大戦争』三池崇史監督と俳優 市原隼人の対談インタビューが明かす二人の思いとは?(2015/06/19)

  • 複数の人格障害と戦い抜いた女性に着想を得た真実の物語 映画『Frankie&Alice(フランキー&アリス)』(2014/08/29)

  • 違う考えの人がいたり、他人がいるからこそ、思うことや、考えることがあると思う」和泉元彌インタビュー(2011/07/25)