子どもの本専門店 メリーゴーランド京都店

鈴木さんのオススメ絵本5冊をご紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

鈴木潤さんのオススメ5冊を紹介して頂きました。

 

三重県四日市市にある「子どもの本専門店 メリーゴーランド」にて、13年間企画を担当していた鈴木潤さんが店長をされている2号店、「メリーゴーランド京都」にお邪魔してきました。壁一面にぎっしりと並ぶ本は、思わず手に取りたくなるものばかり。今回は、鈴木さんのオススメ5冊をご紹介していただきました。

 

鈴木さんが「メリーゴーランド」と出逢ったのは、13年前。お店がバイトを探していると聞き、本屋というのも楽しそうな仕事だな、と面接を受けたのがきっかけだそうだ。今では、すっかり絵本のとりことなった鈴木さんにとって、大人になってから感じる「絵本」とは、「子どもの頃の記緒を一瞬にしてたぐりよせるものでもあり、また知らなかった世界をみせてくれるもの」だという。

merry_book

 “売りたい本” = “おすすめしたい本”

 

日々メリーゴーランドに訪れるのは、本好きな方も、そうでない方も、老若男女さまざま。絵本を並べられるときのこだわりは「売りたい本しか並べない」ということ。“売りたい本”と言われると少し引けてしまうかもしれないけれど、鈴木さんにとって“売りたい本”とは“おすすめしたい本”だという。

 

本屋の魅力のひとつとして外せないのは、沢山の書籍が所狭し、と並んでいる姿だろう。

一冊ごとの紙質や、文字、ことば、色に香りに、手にとったときの感覚。無機質ではない、本のもつ表情を感じられるのだ。

 

しかし最近ではパソコンや携帯電話で読める電子書籍化と、書籍の形が変わってきた。

 

鈴木さんに電子書籍化についてどう感じられるか尋ねると、「新しい時代の流れだと思うので、賛成も反対もありません。でも紙の本でしか味わうことのできない世界は確実にありますし、それを知らない子どもたちが出てくるとしたら、それはあまりにも寂しいですね。そうならないために大人の責任は重大だと思います。」と答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • SPACE EXPO 宇宙博 2014 -NASA・JAXAの挑戦 公式サポーターの爆笑問題が登場!!ゲストに宇宙飛行士 星出彰彦氏を招き、宇宙教室を開催!(2014/04/17)

  • 作家と二人三脚で歩みを進める無人島プロダクション!作家と向き合うことの大切さ 藤城里香インタビュー(2013/07/17)

  • 消えた記憶を集めながら、確かに刻む 次への一歩 ディジュリドゥの奏者GOMA 再起不能と言われた事故から苦難を乗り越へて!!(2013/07/23)

  • 週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを入江悠監督が映画化!映画『日々ロック』(2014/07/04)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)