子どもの本専門店 メリーゴーランド京都店

鈴木さんのオススメ絵本5冊をご紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

鈴木潤さんのオススメ5冊を紹介して頂きました。

 

三重県四日市市にある「子どもの本専門店 メリーゴーランド」にて、13年間企画を担当していた鈴木潤さんが店長をされている2号店、「メリーゴーランド京都」にお邪魔してきました。壁一面にぎっしりと並ぶ本は、思わず手に取りたくなるものばかり。今回は、鈴木さんのオススメ5冊をご紹介していただきました。

 

鈴木さんが「メリーゴーランド」と出逢ったのは、13年前。お店がバイトを探していると聞き、本屋というのも楽しそうな仕事だな、と面接を受けたのがきっかけだそうだ。今では、すっかり絵本のとりことなった鈴木さんにとって、大人になってから感じる「絵本」とは、「子どもの頃の記緒を一瞬にしてたぐりよせるものでもあり、また知らなかった世界をみせてくれるもの」だという。

merry_book

 “売りたい本” = “おすすめしたい本”

 

日々メリーゴーランドに訪れるのは、本好きな方も、そうでない方も、老若男女さまざま。絵本を並べられるときのこだわりは「売りたい本しか並べない」ということ。“売りたい本”と言われると少し引けてしまうかもしれないけれど、鈴木さんにとって“売りたい本”とは“おすすめしたい本”だという。

 

本屋の魅力のひとつとして外せないのは、沢山の書籍が所狭し、と並んでいる姿だろう。

一冊ごとの紙質や、文字、ことば、色に香りに、手にとったときの感覚。無機質ではない、本のもつ表情を感じられるのだ。

 

しかし最近ではパソコンや携帯電話で読める電子書籍化と、書籍の形が変わってきた。

 

鈴木さんに電子書籍化についてどう感じられるか尋ねると、「新しい時代の流れだと思うので、賛成も反対もありません。でも紙の本でしか味わうことのできない世界は確実にありますし、それを知らない子どもたちが出てくるとしたら、それはあまりにも寂しいですね。そうならないために大人の責任は重大だと思います。」と答えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 生ハムと秋のフルーツ+みょうが(2012/02/23)

  • 発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、いよいよ実写映画化!!(2014/06/23)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • 50年分の『マーガレット』が、一同に集結!「わたしのマーガレット展 〜マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀〜」(2014/09/24)

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • 柳宗理ら25人のメンバーによって創立された、インダストリアルデザイナー協会 現理事長 浅香嵩氏インタビュー(2013/03/01)