フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えてくれた!!美穂さんの酵母パンレシピ カンパーニュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えていただきました。

 

 

【歴史】

パンは長い歴史の中でたくさんのレシピがあります。完全に新しいもなどほとんどなくて、既にあるものをアレンジされた感じです。
カンパーニュも、「これがカンパーニュのレシピだよ」というのはほとんどなくて、家庭で焼かれていたパンなので、地方の産物を入れて焼き上げていたり様々です。フランスでは各家庭に一個ずつカンパーニュのレシピがあるという、日本で言う“ぬかどこ”のような存在なのがカンパーニュです。それなので、自由に配合を変えたり、好みでレシピをアレンジしたりして大丈夫です。

今回のカンパーニュは300gのお粉で比較的作りやすい量で作りますが、昔は共同窯で週に1回焼いたり、真冬は雪が降る前に一遍に一冬分作ったり、と個人の好きな時に焼けるという便利な現代の事情と違うので、焼けるときに一気に焼く…1㎏のお粉で大きく焼き、食べる分だけ切り分けて食べるパンです。バケットは焼きたてが命の、6時間以内で食べるのが美味しい基本ですが、カンパーニュはじっくり食べていく、保存性重視の感じですね。とはいっても、日本と海外は気候が全く違うので、基本的に保存性がきくものは、乾燥したヨーロッパでのみ通じるもので、日本は焼きたてを食べていくのが通常です。

 

関連記事

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • 企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」2014.7.2(水)〜10.5(日)  会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa(2014/06/29)

  • 今あなたは、何を思い 何を感じますか?アレイダ・ゲバラ緊急来日講演会 今自分が何を感じているのか、そのことが全ての始まりだと思う。(2012/02/29)

  • 東京都現代美術館チーフキュレーターの長谷川祐子氏が、教えてくれるキュレーターの仕事(2013/01/16)

  • 明治時代 妖怪とは何か?怪奇現象はなぜ起きるのか?本気で考えた学者がいた!!妖怪学者 井上円了(2013/03/18)

  • ガレット、クレープの名店「オ・タン・ジャディス」20年間変わらぬメニューに舌鼓!!(2012/07/02)