フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えてくれた!!美穂さんの酵母パンレシピ カンパーニュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えていただきました。

 

 

【歴史】

パンは長い歴史の中でたくさんのレシピがあります。完全に新しいもなどほとんどなくて、既にあるものをアレンジされた感じです。
カンパーニュも、「これがカンパーニュのレシピだよ」というのはほとんどなくて、家庭で焼かれていたパンなので、地方の産物を入れて焼き上げていたり様々です。フランスでは各家庭に一個ずつカンパーニュのレシピがあるという、日本で言う“ぬかどこ”のような存在なのがカンパーニュです。それなので、自由に配合を変えたり、好みでレシピをアレンジしたりして大丈夫です。

今回のカンパーニュは300gのお粉で比較的作りやすい量で作りますが、昔は共同窯で週に1回焼いたり、真冬は雪が降る前に一遍に一冬分作ったり、と個人の好きな時に焼けるという便利な現代の事情と違うので、焼けるときに一気に焼く…1㎏のお粉で大きく焼き、食べる分だけ切り分けて食べるパンです。バケットは焼きたてが命の、6時間以内で食べるのが美味しい基本ですが、カンパーニュはじっくり食べていく、保存性重視の感じですね。とはいっても、日本と海外は気候が全く違うので、基本的に保存性がきくものは、乾燥したヨーロッパでのみ通じるもので、日本は焼きたてを食べていくのが通常です。

 

関連記事

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)

  • アートフェア東京2012レポート(2012/05/15)

  • 生ハムと秋のフルーツ+みょうが(2012/02/23)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 移りゆく空を眺めながら、澄んだ気持ちで聴きたい歌声 阿部芙蓉美-アベフユミ インタビュー(2012/10/25)

  • 朝崎郁恵 喜寿の祝いコンサート「あはがり」(2012/09/25)