フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えてくれた!!美穂さんの酵母パンレシピ カンパーニュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランスで長年愛され続けるカンパーニュの歴史とレシピを教えていただきました。

 

 

【歴史】

パンは長い歴史の中でたくさんのレシピがあります。完全に新しいもなどほとんどなくて、既にあるものをアレンジされた感じです。
カンパーニュも、「これがカンパーニュのレシピだよ」というのはほとんどなくて、家庭で焼かれていたパンなので、地方の産物を入れて焼き上げていたり様々です。フランスでは各家庭に一個ずつカンパーニュのレシピがあるという、日本で言う“ぬかどこ”のような存在なのがカンパーニュです。それなので、自由に配合を変えたり、好みでレシピをアレンジしたりして大丈夫です。

今回のカンパーニュは300gのお粉で比較的作りやすい量で作りますが、昔は共同窯で週に1回焼いたり、真冬は雪が降る前に一遍に一冬分作ったり、と個人の好きな時に焼けるという便利な現代の事情と違うので、焼けるときに一気に焼く…1㎏のお粉で大きく焼き、食べる分だけ切り分けて食べるパンです。バケットは焼きたてが命の、6時間以内で食べるのが美味しい基本ですが、カンパーニュはじっくり食べていく、保存性重視の感じですね。とはいっても、日本と海外は気候が全く違うので、基本的に保存性がきくものは、乾燥したヨーロッパでのみ通じるもので、日本は焼きたてを食べていくのが通常です。

 

関連記事

  • リバースプロジェクト -REBIRTH PROJECT-(2012/07/18)

  • ギャラリーヤマキファインアート(2012/07/18)

  • 表参道の裏通りにフランスの香りを感じられる一軒のお店がある『 L’EPICERIE/ブレッツカフェ』(2014/08/01)

  • 透明感と芯のある強さ、そして知性とユーモア溢れる松岡茉優の魅力に迫る!!松岡茉優インタビュー(2013/08/29)

  • 健康的な食生活、いくつもの旅、十分な読書と共に、生活の一部として Aesop −イソップ−創業25周年企画!(2012/10/26)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)