京都木屋町高瀬川沿いにある、締めに食べたくなる くさくて こってり「博多長浜ラーメン みよし」!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

締めの定番「博多長浜ラーメン みよし」 photo gallery ▶

 

 

三条木屋町高瀬川沿いにあり、地元の人間に長年愛されている「博多長浜ラーメン みよし」。朝方6時まで営業しているため、飲んだ後の締めに行きたくなる、老舗の豚骨ラーメン店である。店の周りには、豚骨特有の香りが立ちこめ、その香りにつられるかのように、店先には入店待ちの列ができている。

店内は、10席程度のカウンターと5名ほど座ることができる店先のテーブル、その隣の空間には、Uの字の10席程のスペースが設けられている。

 

細めのストレート麺に、甘みのある濃厚豚骨ベースの醤油味のスープが、絡まるみよしのラーメンは、豚骨の香りがしっかりとついているため、好き嫌いがはっきり分かれるお店でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンの種類は、ベーシックの他に、ワカメ、キムチ、メンマ、チャーシュー麺があり、それぞれ単品でも注文することができる。

個人的には、麺のかたさを針金に注文したメンマラーメンに、さらに単品メンマを頼み、トッピングをしてしまう。なぜなら、ここのメンマは、唐辛子の辛みの強い漬け汁に絡まった甘めに煮たメンマが、豚骨スープとのなじみも良く、かなり辛めにはなるが、たまらなく美味しいのだ。

 [画像]上:ワカメラーメン700円 真ん中:メンマ単品150円 下:メンマラーメン:750円

 

関連記事

  • 三宅一生氏「造ろうデザインミュージアム」から10年 21世紀のデザインミュージアムに求められる役割とは?(2014/01/20)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • これだけ美しく穏やかな映画を見たのは、何年ぶりだろう。 日常のリアリズム 感情のリアリズムがこの作品に閉じ込められていた。(2015/05/28)

  • すっぱくって、しょっぱくって、梅干しの香りが つーんと鼻を抜ける懐かしの「おばあちゃんの梅干し」作り(2011/07/30)

  • 粋とは気取らぬこと! 地元にある行きつけのお寿司屋さん すし処「鮨けん」 高級寿司店もいいかもしれないけど、こんなお店が好きだな〜!!(2012/02/15)

  • 特別展『ガウディ×井上雄彦』公式ナビゲーター 建築家 光嶋裕介氏に話しを聞く!!(2014/06/25)