スパイク・ジョーンズ監督 × スタジオ・ジブリ 鈴木敏夫プロデューサー対談イベント!! 映画『her/世界でひとつの彼女』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スパイク・ジョーンズ監督×スタジオ・ジブリ 鈴木敏夫プロデューサー トークイベント

 

本年度アカデミー賞(R)オリジナル脚本賞受賞&作品賞を含む全5部門ノミネート

映画『her/世界でひとつの彼女』

 

作品賞/脚本賞:スパイク・ジョーンズ/美術賞:K.K.バレット、ジーン・サーデナ

歌曲賞:カレン・O「The Moon Song(ザ・ムーン・ソング)」/作曲賞:アーケイド・ファイア、オーウェン・パレット

 

 

そう遠くない未来のロサンゼルス。

ある日セオドアが最新型のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。経験から学ぶ能力のあるサマンサは、AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。

セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・一緒に過ごす時間はお互いにとっていままでにないくらい新鮮で刺激的だった。
ありえないはずの恋だったが、親友エイミーの後押しもあり、セオドアは恋人としてサマンサと真剣に向き合うことを決意した。
しかし感情的で繊細な彼女は彼を次第に翻弄するようになり、そして彼女のある計画により恋は予想外な展開へと向かう。

 

 

住む世界も生きる時間も全く違うセオドアとサマンサ。

 

「リアル」とは一体何なのだろうか。

当たり前でないことに対する疑問や不安を抱きながらも、ただ、純粋に、恋におちた、みたことのない恋のかたち。

 

恋するはずのなかったふたりの恋の行方は、果たして―。

 

6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー 

 

 

スパイク・ジョーンズ監督×スタジオ・ジブリ 鈴木敏夫プロデューサー 

 

5月29日、東京都港区新橋にある「スペースFS汐留」で、スパイク・ジョーンズ監督とスタジオ・ジブリ 鈴木敏夫プロデューサーによるトークイベントが開催された。鑑賞し終わったばかりの興奮冷めやまない会場に、スパイク・ジョーンズ監督、そしてサプライズ・ゲストとして、鈴木敏夫プロデューサーが登場すると、会場は喜びに満ちた歓声が沸き起こった。

 

 

トークイベント記事を読む 2/4>>   

 

 

 

関連記事

  • いつも帰りすがら、視線を感じ気になる店舗 やきとり 太平 とにかく安くてうまい!!(2012/09/09)

  • スパイシー芋ようかん(2012/02/23)

  • 手抜きをせず、愛情を持って子どもを育てるように造ること 勝沼ワイナリー白百合醸造(2014/10/03)

  • 渋谷駅から徒歩3分 どこかノスタルジックで、温かい緩やかな時間が流れている茶亭 羽當(チャテイハトウ)(2012/05/30)

  • 東アジアと日本の関係を焦点に描く無国籍の映像作家、自称「シネマ・ドリフター(映画流れ者)」リム・カーワイ監督(2014/05/29)

  • 歌う彼の生声は、世知辛い世の中で生き、 縮こまってしまった私たちの心を解き放してくれる『suzumoku』(2012/04/15)