累計130万本を突破した大ヒットホラーゲーム「零」シリーズ待望の実写映画化!『劇場版 零~ゼロ~』 中条あやみ×森川葵  インタビュー 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

——「モデル」と「女優」、それぞれの魅力とは?

 

中条さん:モデルは可愛い服を着れたり、いろいろなメイクができたり、女の子になれてキラキラできる瞬間なんですよね。
女優は、悲しいこともあれば楽しいこともある違う人生を生きることができるんです。倍人生を生きた感覚になれる、というのが魅力的なところだと思います。

 

森川さん:モデルのときは、可愛くしてもらって、その一瞬を収めてもらってその写真が永遠に残るというポートレイトみたいな感覚なので瞬間を切り取っているのが面白いです。映像だと、別の人の人生ではあるのですが、その人が生きてきた証のようなものが動いているものとして残って、そこで生活をすることができているような感覚なんです。それが魅力だなと思います。

 

 

——共演されてみて、お互いの印象が変わった点はありますか?

 

中条さん:モデルをしているときと、女優のときと全く違って、演技となるとしっかりと役と向き合って、お互いぶつかり合うので、私よりもずっと経験の多い森川さんの演技を見ていて、すごく勉強になりました。

 

森川さん:一緒に一ヶ月間やっていて、しっかりしているな、って思いました。

 

中条さん:えぇ・・・。ありがとうございます(笑)。

 

 

——憧れの女優さんはいますか?

 

中条さん:モデルとしても女優としても活躍している事務所の先輩の香里奈さんです。

 

森川さん:米倉涼子さんと杏さんは、お芝居もスタイルもすごく素敵で、両方なんて凄すぎます!女優さんとしては、自分というものをあまり決めすぎず、作品をご一緒することになった監督さんと話あって、何でもやっていけるような人間になりたいと思っています。 

 

——ご自身を一言で表すなら?

 

中条さん:マイペースです。

 

森川さん:う〜ん……なんだろう…。どういう人間かな?

 

中条さん:自分を持っているところもあるけど、実は甘えん坊な感じがする。なんか急にギュッとしてきたりするから、「そんなことしたらドキッとするやろ!」みたいな感じになったりして(笑)。可愛らしい人です。

 

——今回の衣装のポイントは?

 

森川さん:!!私、前にものすごいモデルっぽいコメントをしてしまったことがあったんです。この丈の長さで、ハイウエストのベルトがついていて、足長効果があって、

 

中条さん:白のワンポイントです!(笑)。

 

森川さん:そうそう!(笑)。本当にモデルさんっぽい解説をしてしまって、その質問が来たときにそれを思い出して笑ってしまいます。でも、それがポイントです(笑)。

 

中条さん:ちゃんと校章も付いているんです!一着ウン万円らしいですよ!

 

——映画の中でさなぎの段階ですが、ご自身はどの段階だと思いますか?

 

中条さん:その日によって、幼虫と成虫と変わる気がします。抜け出したくなるときもあるし、そうでない日もあります。

 

森川さん:私は現場によって違いますね。今まで経験してきたことが何もなかったわけではないので、殻にくるまっているわけでもないですし……難しいですね。

 

 

続きを読む 4/4 >>   

 

 

 

 

関連記事

  • X’mas オーナメントクッキー(2012/02/23)

  • ささくれだった心をそっと包み込んでくれるような、そんなほっと心が温まる絵本をご紹介 NOSVISセレクト絵本特集(2012/02/13)

  • 「どうも〜、木村拓哉です!」と登場したのは、俳優の八嶋智人 Bunkamura25周年特別企画『だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵』(2014/08/08)

  • どこからともなく湧き出る彼らのエネルギーは、見ているものをはっとさせ、心を踊らせる!!しょうぶ学園【otto&orabu】(2013/05/18)

  • 父親の倒産、共に立ち上げた兄の早すぎる定年退職、紆余曲折の20年目 明和電機 土佐信道インタビュー!!(2013/04/27)

  • 世界的ヒットメーカー、ティム・バートン監督の最新作『ビッグ・アイズ』 作品のモデルとなったマーガレット・キーンさんインタビュー(2015/01/14)