ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店

 お好み焼き「夛幸の味(たこうのみ)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店 エントリーナンバー1 Photo Gallery ▶

 

 

皆さんにも気にはなっていても、入る事に勇気のいる店ってありませんか?

  

いつ頃前だろうか、かなり昔からのような気もするが、昭和の店舗付き長屋のような風貌の、この店が気になっていた。

私は、仕事が不規則なため深夜から早朝にかけての作業が頻繁にある。

いつだったろうか、無性に腹が空き

ふとこの気になっていた、入りづらい店の事を思い出した。

  

迷っていた期間が、長いだけに、そろそろこの迷いにピリオードを打たなければいけない。その日は特に、そう思った。

この時、既に深夜12時をまわっていた。

 

そのお店は、似た佇まいの3店舗が、軒を連ねた真ん中にある。

のれんの先にあるドアからは、テレビの音は聞こえてくるものの、中の様子はわからない。様子を伺いながら、ガラガラっとドアをあけると、華奢な年配のお母さんが、タバコを喫みカウンターの中で、座りながらテレビを見ていた。

   

やけにタバコの似合うお母さんだった。  

10名ほど座れるだろうか、カウンターのみの店内には、あちらこちらにメニューが貼られている。とはいえ、貼られていないメニューも数多く存在すれば、必ずそのメニューがあるというわけでもない。その日あるものを、お母さんに聞けば、おすすめを教えてくれるといった、店舗のみならず、人間味溢れる昭和スタイルだ。そのスタイルと、お母さんの人柄、そしてお店の看板商品でもある、たくわんたっぷり入った大きなお好み焼きが気に入り、それからは頻繁に足を運ぶようになった。

 

 

関連記事

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)

  • 児玉奈央(2010/08/29)

  • 朝崎郁恵 喜寿の祝いコンサート「あはがり」(2012/09/25)

  • どこからともなく湧き出る彼らのエネルギーは、見ているものをはっとさせ、心を踊らせる!!しょうぶ学園【otto&orabu】(2013/05/18)

  • すっぱくって、しょっぱくって、梅干しの香りが つーんと鼻を抜ける懐かしの「おばあちゃんの梅干し」作り(2011/07/30)

  • ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店 青葉おでん横町「藤の家」(2012/08/17)