ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店

 お好み焼き「夛幸の味(たこうのみ)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店 エントリーナンバー1 Photo Gallery ▶

 

 

皆さんにも気にはなっていても、入る事に勇気のいる店ってありませんか?

  

いつ頃前だろうか、かなり昔からのような気もするが、昭和の店舗付き長屋のような風貌の、この店が気になっていた。

私は、仕事が不規則なため深夜から早朝にかけての作業が頻繁にある。

いつだったろうか、無性に腹が空き

ふとこの気になっていた、入りづらい店の事を思い出した。

  

迷っていた期間が、長いだけに、そろそろこの迷いにピリオードを打たなければいけない。その日は特に、そう思った。

この時、既に深夜12時をまわっていた。

 

そのお店は、似た佇まいの3店舗が、軒を連ねた真ん中にある。

のれんの先にあるドアからは、テレビの音は聞こえてくるものの、中の様子はわからない。様子を伺いながら、ガラガラっとドアをあけると、華奢な年配のお母さんが、タバコを喫みカウンターの中で、座りながらテレビを見ていた。

   

やけにタバコの似合うお母さんだった。  

10名ほど座れるだろうか、カウンターのみの店内には、あちらこちらにメニューが貼られている。とはいえ、貼られていないメニューも数多く存在すれば、必ずそのメニューがあるというわけでもない。その日あるものを、お母さんに聞けば、おすすめを教えてくれるといった、店舗のみならず、人間味溢れる昭和スタイルだ。そのスタイルと、お母さんの人柄、そしてお店の看板商品でもある、たくわんたっぷり入った大きなお好み焼きが気に入り、それからは頻繁に足を運ぶようになった。

 

 

関連記事

  • 日本警察史上の最大の不祥事と呼ばれる驚愕の実事件が映画化!!白石和彌 監督インタビュー(2016/06/25)

  • すっぱくって、しょっぱくって、梅干しの香りが つーんと鼻を抜ける懐かしの「おばあちゃんの梅干し」作り(2011/07/30)

  • 小さな町で社会を本気で変えようとした若者たちが歩んだ奇跡の実話、ついに映画化!映画『サムライフ』 加治将樹インタビュー(2015/02/27)

  • ギャラリーヤマキファインアート(2012/07/18)

  • 地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」初披露Ucoca!!(2010/08/30)

  • 違う考えの人がいたり、他人がいるからこそ、思うことや、考えることがあると思う」和泉元彌インタビュー(2011/07/25)