OMARA PORTUONDO & CHUCHO VALDÉS
永遠の歌姫 オマーラ・ポルトゥオンド&キューバの至宝 チューチョ・ヴァルデス インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   
OMARA PORTUONDO & CHUCHO VALDÉS  
永遠の歌姫 オマーラ・ポルトゥオンド&キューバの至宝 チューチョ・ヴァルデス  

 

それから偉大なオーケストラのディレクター、トニー・タニョと知り合い、その後自分で仕事を持つようになった。ギタリストのカルロス・エミリオ・モラーレスは僕の唯一のギタリストだ。彼ほどのギタリストは他に誰もいないからね。他には、パキート・デリベラ、1964年1月に初めてチューチョバンドで録音した時、彼がパーカッションだった。アルマンド・ロメオ、それから1967年オマーラ・ポルトゥオンドと共演した。当時僕のお気に入りの歌手だった。それ以来オマーラと一緒にいるのはいつも楽しい、すごく楽しんでいるよ。
彼女との経験は他のアーティストとは味わえないものだ。心から尊敬を込めて言うよ、彼女とだったら何でもできる。彼女は僕の心に残る一人だね。
他にも多くのミュージシャン、たとえばイラケレのオスカル・バルデス、彼は本当に素晴らしいプロモーターであり、僕とイラケレを始めた仲間でもある。彼とは長く一緒に仕事をした。もうキリがないから言わないよ!!
彼等へのメッセージは、音楽だけでなく愛しているよ、ということ。愛には色んな形がある。愛はミュージシャンに対する尊敬、賞賛でもあるし、スピリチュアルなコミュニケーションの技でもある。それは消せないし永遠だ。

  

O: 触れてはならないものね。

 

C: そう、触れない。

  

O: 毎日人は学び、人から受け取る。芸術によって結び付けられる。例えば彼(チューチョ)は演奏しているとき私に感受性を送ってくる。私も彼に送り返すし、相互関係なの。例えば彼がある曲をいつものスタイルで演奏したとして、でも別の時には違うスタイルで演奏してくる。それは官能的な挑発なのね。だから私も彼に全力で官能的に返す。単に食べものをあげるのとは違うの。でも音楽には全てを捧げる。天が私に音楽を与えてくれたことがとても嬉しいわ。天が歌う環境を与えてくれたからできるんだということ知っておかなければいけないわ。

そうでしょ、マエストロ?他人からも与えられる。例えば、チューチョのお父さんが働いていたクラブのダンサーからも、どこでも誰からでも受け取るの。相互関係でつながっているの。ダンサーや女優―女優もやっていたから―他にも色々、すべての職業で言えると思うわ。例えばあなたたちみたいなジャーナリストもそう。アートを創っているのよ。
インタビューして受け取った内容をあなたのインスピレーションで紙に書きつける。それと同じことを私たちは音楽を通じてやっているのよ。

 

 

関連記事

  • Mangoヨーグルトシャーベット(2012/02/23)

  • 表参道交番からすぐ近く!名物「ラザニア」だけじゃない!!欧州料理を味わえる『RED PEPPER』 表参道店(2012/03/06)

  • 大人のためのタップイベント「足音」at 代々木ANCE 浦上雄次 aka SUJI TAP「足音」(2012/05/15)

  • 現代日本人が忘れつつある自然との境界線、自然崇拝を改め感じさせられる作品を見た!造形作家 佐々木誠(2013/02/14)

  • 表参道の裏通りにフランスの香りを感じられる一軒のお店がある『 L’EPICERIE/ブレッツカフェ』(2014/08/01)

  • 建築家、谷口吉生氏が設計を担当した京都国立博物館「平成知新館」が、5年余りの休館を経て、ついに開館!!(2014/08/20)