ぽっと温かい明かりが灯る一軒の古民家に、ひとりのバリスタがキューブの枠の中に!!OMOTESANDO KOFFEE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

表参道の路地裏の小さな、ほっとスポット

 

日が暮れはじめたとき、ぽっと温かい明かりが灯る一軒の古民家が目に入った。何気なく軒先を覗くと、6帖ほどの和室に置かれたキューブの枠の中に、ひとりのバリスタが立っていた。

 

ここ、OMOTESANDO KOFFEEは知る人ぞ知る、テイクアウト専門のコーヒーショップなのだ。

和室に盆栽と、まさに日本の風景を残すこの店は、海外メディアからも取り上げられ、外国人のファンも多いそうだ。

店舗は名前の通り、表参道にあるのだが、実に分かりづらい。大きな看板もなければ、通り沿いには目印となる建物もない。では、どのように探せば良いか、と尋ねられたら、地図を持ちながら、昼間はコーヒーの香りと豆を挽く音を、夕暮れ時からは、明かりと香りと音を頼りに探すことをオススメしたい。

 

そもそも、なぜキューブの枠の中でコーヒーをいれているのだろうか。疑問に思いオーナーでもあり、バリスタの國友さんに聞いてみた。
「珈琲の仕事をし始めて、もう10年以上になるんですけど、美味しい珈琲がスタンドで飲めたらいいなって思っていまして。そこで、珈琲のお店ではなくて、売店を作ろうと思ったんです。なので、このキューブはキオスクをイメージしているんですよ。
キオスクってJRのものを想像されがちですけれど、売店のこと全般を指していて、海外でもキオスクっていうんですよ。ヨーロッパの街角や公園で新聞とか雑誌を売っている、あんな雰囲気で美味しい珈琲を飲めたらいいなっていうコンセプトなんです。」

 

関連記事

  • 世界三大飲料のひとつ「マテ茶」の魅力とは?マテ茶協会 会長北島さんが、教えてくれた!!(2012/04/15)

  • 平成9年度から毎年開催されている「文化庁メディア芸術祭」は、今年で17回目を迎えた!!今年の応募総数は、過去最高の4347作品(2013/12/20)

  • SNIFF OUT 2013のイメージキャラクターを務める「ミラーボールマン」の生みの親 現代アーティスト西野 達 Tatzu Nishi(2013/05/16)

  • 東京画廊+BTAP -TOKYO GALLERY+BTAP-(2012/07/18)

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)

  • 発行部数累計250万部を誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が、いよいよ実写映画化!!(2014/06/23)