ca016247b694ea04a21964d25ddd9e5b1

ローストチキン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【ひとこと】おうちで焼いたローストチキンは、皮がパリパリでお肉はジューシー。

おなかに詰めた甘栗のごはんが、これまたおいしい!  

 

 

 

材料 4人分】
鶏肉 ひな鳥    1羽
塩          大さじ1
胡椒        少々
ローズマリー   少々
タイム       少々
┌ ワイン      1/4カップ
a サラダ油     1/4カップ
└ レモン絞り汁  大さじ1
竹串
凧糸

 

★詰め物
玉葱    1/3こ
 天津甘栗 10こ
 ごはん   1カップ
 バター   20g
塩      少々
★付け合わせ
じゃが芋   2こ
クレソン   1束

 

 

 【作り方】

 

①鶏は良く洗い、特に内臓を残さないようにきれいに洗い、良く水気を拭きます。

②焼く1時間前に塩をかなり強めに擦り込みます。スパイスも全体に付けます。

おなかの中にも塩、スパイス、を擦り込みます。

③玉葱はみじん切りに、甘栗は半分に切ります。フライパンにバターを溶かし玉葱を炒め、続いてご飯、甘栗も炒めて塩こしょうで味をつけます。これを焼く前に鶏のお腹に詰め楊枝で止めます。

④足を糸で縛り、形を整えaを混ぜたものを全体に刷毛で塗り、鉄板に網を乗せたものの上に乗せ200度に温めたオーブンで50分金串を刺して熱くなるぐらいまで焼きます。

よく洗って4つ割にしたじゃが芋も、周りにおき、いっしょに焼きます。焼きあげまでに3~4回aを塗ります。

 

★グレイビーソースの作り方

焼き上がったあとの鉄板の油を捨て、焼き汁は残します。そこにカップ1の水を加えて鉄板の回りについた旨味を、こそげ取ります。それを鍋に移し白ワイン50ccを加えて2/3量になるまで煮詰め、塩、胡椒で味を調えます。

関連記事

  • 1990年代をリードした、写真家・高橋恭司「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは(2012/02/05)

  • 日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』(2013/03/01)

  • 彼とヒップホップとの出会とは?そして これから向かう彼の音楽の方向とは?Kumar Sublevao-Beatインタビュー(2015/03/01)

  • トヨタグループの創始者であり、日本初の動力織機や自動織機などを発明し、日本の機械産業の発展・近代化に貢献した豊田佐吉に迫る!!(2012/09/15)

  • 株式会社パワーショベル プレゼンツ プラモデルのように組立てる新作カメラ! LAST CAMERA project!!(2012/09/28)

  • 神の手を持つ男CHUCHO VALDES piano soloコットンクラブ(2013/02/16)