現代日本人が忘れつつある自然との境界線、自然崇拝を改め感じさせられる作品を見た!造形作家 佐々木誠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

佐々木誠 – sasaki makoto - 

 


 

 

現代科学の発達により自由に光りを操ることができるようになり、光りのあたらない「蔭」という場が狭くなった。
このことにより、目に見えない物への畏れ、踏み入れることへの躊躇、神仏への崇め……様々な感覚が薄れてきた。
本来日本人とは、八百万の神々を奉り、目に見えるもの、感じることのできる全てのものを神の存在とし、
共に生きる全てのものへ感謝、尊敬の念を持つと同時に、己を見つめ、知ってきた。
そして「蔭」とは、人が共に生きることを許されるラインであったのではないだろうか。
佐々木誠氏の作品は、このラインと日本人の持つ精神性が落とし込められた木彫作品だといえるだろう。

 

[画像]儀 態 1995 桂 彩色

関連記事

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • フランク・ミュラーが、チャリティーモデルとし「LONG ISLAND COURAGE(ロングアイランドクラージュ)」限定22本の時計を発表!!(2011/07/18)

  • 建築家、谷口吉生氏が設計を担当した京都国立博物館「平成知新館」が、5年余りの休館を経て、ついに開館!!(2014/08/20)

  • Synchro Heart による「動物愛護えほんプロジェクト」ココロに届くとココロに気づく!!(2013/04/12)

  • ソフィア・エドストランドによる、クチュールアクセサリーブランド『Sophia203』「もの作り」とは?(2012/12/14)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)