現代日本人が忘れつつある自然との境界線、自然崇拝を改め感じさせられる作品を見た!造形作家 佐々木誠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

佐々木誠 – sasaki makoto - 

 


 

 

現代科学の発達により自由に光りを操ることができるようになり、光りのあたらない「蔭」という場が狭くなった。
このことにより、目に見えない物への畏れ、踏み入れることへの躊躇、神仏への崇め……様々な感覚が薄れてきた。
本来日本人とは、八百万の神々を奉り、目に見えるもの、感じることのできる全てのものを神の存在とし、
共に生きる全てのものへ感謝、尊敬の念を持つと同時に、己を見つめ、知ってきた。
そして「蔭」とは、人が共に生きることを許されるラインであったのではないだろうか。
佐々木誠氏の作品は、このラインと日本人の持つ精神性が落とし込められた木彫作品だといえるだろう。

 

[画像]儀 態 1995 桂 彩色

関連記事

  • 日本警察史上の最大の不祥事と呼ばれる驚愕の実事件が映画化!!白石和彌 監督インタビュー(2016/06/25)

  • これは悲劇なのか? 愛の物語なのか?あまりに衝撃的なラストシーンへと向かう 恐ろしくも果無い愛のストーリー!! 映画『マジカル・ガール』(2016/03/12)

  • 大震災が発生してから3ヶ月。 今の私たちに、いったい何ができるのだろうか。被災地へ本のお届けプロジェクト!!(2012/02/27)

  • 生まれ育った沖縄で、戦後アメリカのサブカルチャーやホラー映画から受けた影響とは? 画家 我喜屋位瑳務 インタビュー!(2014/05/27)

  • 豪華キャストが集結したサスペンス巨編の新シーズンがスタート!!連続ドラマW MOZU Season2 ~幻の翼~(2014/06/21)

  • 2大オスカー俳優の初共演!!『ブラック・ファイル 野心の代償』シンタロウ・シモサワ監督インタビュー(2017/01/05)