大須の隠れ家!!珈琲やフレーバーティーを味わいながらシーシャ(水たばこ)を味わう「Kemuri」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水たばこをたのしめる店 

お店おすすめのチャイをはじめ、珈琲やフレーバーティーを味わいながら、明るい店内でゆったりとシーシャ(水たばこ)を味わうことのできる「Kemuri」。オーナーの奥田さんにシーシャについてお話を伺った。

 

——シーシャのお店を始められたきっかけを教えてください。

名古屋でも、10年くらい前からシーシャのお店はあったんですけど、昔はバーに置いてあるところばかりだったので、夜しか嗜めなくて。しかもエキゾチックな雰囲気のところしかなかったので、だれでも気軽に昼間から行けるところをつくりたいと思って始めました。できるだけ中東感を排除していて、どちらかというと、2階はパリスモロッコ調、1階を男性的にしました。

——「Kemuri」の空間ではどのような時間を過ごしてもらいたいですか?

人それぞれで構わないんですけど、1階は机もないので、コミュニケーションをとって貰うのもいいですし、1人でじっくり煙と向き合うというのでもいいと思います。バーでバーボンを飲んでいる感覚に近いと思いますね。

 

——フレーバーもかなり種類がありますよね。

今100種類程あると思います。スタート時は200種くらいあったんですけど、種類置くと鮮度が落ちてどうしても美味しくなくなってしまうので、絞っていきました。エジプトのメーカーのMIZOシリーズはハズレがないですね。

 

——フレーバーのない葉っぱもありますか?

元々は、通常のたばこの味がメインです。最初はお店にも置いてあったのですが、誰も吸わないし、お店がその匂いだけになってしまうので、今は置いていないです。お店は禁煙ですしね。たぶん水たばこ屋で禁煙のところは珍しいんじゃないかな。

 

 

関連記事

  • 故郷には脈々と繋がる文化がある 三方ヶ原の戦いで犠牲になった人を弔う遠州大念仏 静岡県浜松市(2011/07/20)

  • 朝崎郁恵 喜寿の祝いコンサート「あはがり」(2012/09/25)

  • 子どもの本専門店 メリーゴーランド京都店 鈴木さんのオススメ絵本5冊をご紹介!!(2010/11/13)

  • 今も昔も変わらぬ味と想い 浜松の地ソース!大正十三年創業 トリイソース!!「西洋醤油」と呼ばれた「ソース」との出会い(2011/01/15)

  • わくわくレシピ 家族が集まる特別な日は、やっぱり手作りでお祝いしたい!!皆で囲みたい『お祝いごはん』(2012/08/31)

  • アートフェア東京2012レポート(2012/05/15)