大須の隠れ家!!珈琲やフレーバーティーを味わいながらシーシャ(水たばこ)を味わう「Kemuri」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水たばこをたのしめる店 

お店おすすめのチャイをはじめ、珈琲やフレーバーティーを味わいながら、明るい店内でゆったりとシーシャ(水たばこ)を味わうことのできる「Kemuri」。オーナーの奥田さんにシーシャについてお話を伺った。

 

——シーシャのお店を始められたきっかけを教えてください。

名古屋でも、10年くらい前からシーシャのお店はあったんですけど、昔はバーに置いてあるところばかりだったので、夜しか嗜めなくて。しかもエキゾチックな雰囲気のところしかなかったので、だれでも気軽に昼間から行けるところをつくりたいと思って始めました。できるだけ中東感を排除していて、どちらかというと、2階はパリスモロッコ調、1階を男性的にしました。

——「Kemuri」の空間ではどのような時間を過ごしてもらいたいですか?

人それぞれで構わないんですけど、1階は机もないので、コミュニケーションをとって貰うのもいいですし、1人でじっくり煙と向き合うというのでもいいと思います。バーでバーボンを飲んでいる感覚に近いと思いますね。

 

——フレーバーもかなり種類がありますよね。

今100種類程あると思います。スタート時は200種くらいあったんですけど、種類置くと鮮度が落ちてどうしても美味しくなくなってしまうので、絞っていきました。エジプトのメーカーのMIZOシリーズはハズレがないですね。

 

——フレーバーのない葉っぱもありますか?

元々は、通常のたばこの味がメインです。最初はお店にも置いてあったのですが、誰も吸わないし、お店がその匂いだけになってしまうので、今は置いていないです。お店は禁煙ですしね。たぶん水たばこ屋で禁煙のところは珍しいんじゃないかな。

 

 

関連記事

  • 大人のためのタップイベント「足音」at 代々木ANCE 浦上雄次 aka SUJI TAP「足音」(2012/05/15)

  • ソフィア・エドストランドによる、クチュールアクセサリーブランド『Sophia203』「もの作り」とは?(2012/12/14)

  • 残念ながら今は、無き名店になってしまった 天ぷら「天八」そんな天八を惜しみながら、過去の記事を振り返る。(2012/02/27)

  • 日本という特殊な場所だから、ジャンルの枠を超えて活動する人が面白い!山本現代 ディレクター 山本裕子(2013/04/26)

  • 現代日本人が忘れつつある自然との境界線、自然崇拝を改め感じさせられる作品を見た!造形作家 佐々木誠(2013/02/14)

  • いつも帰りすがら、視線を感じ気になる店舗 やきとり 太平 とにかく安くてうまい!!(2012/09/09)