大須の隠れ家!!珈琲やフレーバーティーを味わいながらシーシャ(水たばこ)を味わう「Kemuri」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水たばこをたのしめる店 

お店おすすめのチャイをはじめ、珈琲やフレーバーティーを味わいながら、明るい店内でゆったりとシーシャ(水たばこ)を味わうことのできる「Kemuri」。オーナーの奥田さんにシーシャについてお話を伺った。

 

——シーシャのお店を始められたきっかけを教えてください。

名古屋でも、10年くらい前からシーシャのお店はあったんですけど、昔はバーに置いてあるところばかりだったので、夜しか嗜めなくて。しかもエキゾチックな雰囲気のところしかなかったので、だれでも気軽に昼間から行けるところをつくりたいと思って始めました。できるだけ中東感を排除していて、どちらかというと、2階はパリスモロッコ調、1階を男性的にしました。

——「Kemuri」の空間ではどのような時間を過ごしてもらいたいですか?

人それぞれで構わないんですけど、1階は机もないので、コミュニケーションをとって貰うのもいいですし、1人でじっくり煙と向き合うというのでもいいと思います。バーでバーボンを飲んでいる感覚に近いと思いますね。

 

——フレーバーもかなり種類がありますよね。

今100種類程あると思います。スタート時は200種くらいあったんですけど、種類置くと鮮度が落ちてどうしても美味しくなくなってしまうので、絞っていきました。エジプトのメーカーのMIZOシリーズはハズレがないですね。

 

——フレーバーのない葉っぱもありますか?

元々は、通常のたばこの味がメインです。最初はお店にも置いてあったのですが、誰も吸わないし、お店がその匂いだけになってしまうので、今は置いていないです。お店は禁煙ですしね。たぶん水たばこ屋で禁煙のところは珍しいんじゃないかな。

 

 

関連記事

  • J-WAVEのナビゲーターとしてもお馴染みのロバート・ハリス氏の女性遍歴エッセイ集『WOMEN ぼくが愛した女性たちの話』(2013/08/10)

  • 「 SNIFF OUT 」= 「 嗅ぎ当てる 」 音楽フェスとアートフェスの融合を主軸とした全く新しいタイプのプロジェクト始動!!(2013/04/26)

  • 小林画廊「GIFT展」若手作家のグループ展、バラエティー豊かな個性あふれる小品を展示!(2012/12/07)

  • ふろふき大根(2012/02/23)

  • いつも帰りすがら、視線を感じ気になる店舗 やきとり 太平 とにかく安くてうまい!!(2012/09/09)

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)