大須の隠れ家!!珈琲やフレーバーティーを味わいながらシーシャ(水たばこ)を味わう「Kemuri」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水たばこをたのしめる店 

お店おすすめのチャイをはじめ、珈琲やフレーバーティーを味わいながら、明るい店内でゆったりとシーシャ(水たばこ)を味わうことのできる「Kemuri」。オーナーの奥田さんにシーシャについてお話を伺った。

 

——シーシャのお店を始められたきっかけを教えてください。

名古屋でも、10年くらい前からシーシャのお店はあったんですけど、昔はバーに置いてあるところばかりだったので、夜しか嗜めなくて。しかもエキゾチックな雰囲気のところしかなかったので、だれでも気軽に昼間から行けるところをつくりたいと思って始めました。できるだけ中東感を排除していて、どちらかというと、2階はパリスモロッコ調、1階を男性的にしました。

——「Kemuri」の空間ではどのような時間を過ごしてもらいたいですか?

人それぞれで構わないんですけど、1階は机もないので、コミュニケーションをとって貰うのもいいですし、1人でじっくり煙と向き合うというのでもいいと思います。バーでバーボンを飲んでいる感覚に近いと思いますね。

 

——フレーバーもかなり種類がありますよね。

今100種類程あると思います。スタート時は200種くらいあったんですけど、種類置くと鮮度が落ちてどうしても美味しくなくなってしまうので、絞っていきました。エジプトのメーカーのMIZOシリーズはハズレがないですね。

 

——フレーバーのない葉っぱもありますか?

元々は、通常のたばこの味がメインです。最初はお店にも置いてあったのですが、誰も吸わないし、お店がその匂いだけになってしまうので、今は置いていないです。お店は禁煙ですしね。たぶん水たばこ屋で禁煙のところは珍しいんじゃないかな。

 

 

関連記事

  • 『日常の生活に「アート」というきっかけを』3331 Arts Chiyoda統括ディレクター 中村政人インタビュー(2013/01/11)

  • 2人の男とマルコの間に芽生えた 実話から生まれた 愛に溢れた作品!映画『チョコレートドーナッツ』(2014/07/26)

  • 映像作家 石橋義正、明和電機 土佐信道、現代美術作家 ヤノベケンジこの三名が、参加を表明!『京都国際映画祭』(2014/05/15)

  • 創立100周年を迎えた赤レンガ倉庫で日本最大級のカスタムカーイベント、アメフェスが開催された!!(2010/12/20)

  • 映像作家スパイク・ジョーンズ初となるラブストーリー『I’M HERE』日本語版発売を記念し展示会が開催された!!(2011/04/29)

  • 地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」初披露Ucoca!!(2010/08/30)