SNIFF OUT実行委員会の杉本裕一氏フェス開催への思いとは!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アートと音楽の融合フェス  2013.7.20–21 at 南港 インテックス大阪

 

7月20日、21日の2日間、インテックス大阪で「SNIFF OUT 2013」という名の、音楽とアートを融合したフェスが開催される。同イベントでは、アートとの共存を果たす実力派ミュージシャンのライブと、現代のトップアーティストやギャラリーによる作品展示が味わえるだけでなく、パフォーマンスアートやライブペイント、大型モニターでの映像作品上映などがゲリラ的に会場内で発生するという、全く新しいタイプのフェスイベントとなりそうだ。
NOSVISでは、SNIFF OUTに密着をし、既に参加が決定しているギャラリーやアーティストへの取材を行なうことにした。
第1回目となる今回は、SNIFF OUT実行委員会の杉本裕一氏にお話を伺った。


——SNIFF OUTを開催しようと思われたきっかけを教えてください。

 

きっかけは2年ほど前、野外で音楽ライブと学生や若手アーティストの作品展示を同時に行なえたら面白いのではないか、という思いからでした。その気持ちを以前から繋がりのあったギャラリストやアーティストさんにお話したところ、皆さん一緒になって考えてくださいました。私たちはアートを扱っている会社なので本格的なアートを見せたい、という思いが強くなるとともに、まだ企画も固まっていない時期だったのですが、現実感も出てきました。

 

 

——なぜ現代アートだったのですか?

現代アートが好きなんです。これまではどちらかというとアカデミックなアーティストを扱う事の方が多かったのですが、今回のように現代アートに関わるようになり、知れば知るほど好きになり、現代アートとアカデミックなアートとの境界線について考えるようになりました。今は境界線なんてないのだろうなと思いますけどね。例えば以前「東京画廊+BTAP」様で現代書の比田井南谷を現代アートとして扱っていたのですが、今ならば納得できます。

アートというと、知識がなければ入ってはいけない世界というイメージがまだあって、身構えてしまう人も多いと思うのですが、SNIFF OUTでは、誰にでも気軽にアートに参加していただきたいと思っています。アートを好きになるきっかけは色んな方法があっていいと思うんです。例えばスポーツを好きになる人の入口は、好きなチームやかっこいい選手かもしれないし、そのスポーツ自体を始めたことが「好き」のきっかけかもしれないですよね。それと同じように、アートも好きになる入口は様々でいいと思います。

 

SNIFF OUTでは、人気の高いミュージシャンによるフェスを行ない、音楽に興味があって集ったオーディエンスにもアートに触れてほしいという狙いがあります。そのためのツールとして、美術館やギャラリーではなかなか見ることのできないようなパフォーマンスやライブペイントなどをゲリラ的に行なったり、吉本興業さんや他の大きなアートイベントとも協力したりしながら、アートを好きになってもらう「きっかけ」をたくさん入れていく準備も進めています。興味がないと「好き」につながらないと思うので、まずは新しいものに興味を持ってもらえるきっかけのイベントにしたい、というのが一番の目的ですね。

 

関連記事

  • リバースプロジェクト -REBIRTH PROJECT-(2012/07/18)

  • 日本という特殊な場所だから、ジャンルの枠を超えて活動する人が面白い!山本現代 ディレクター 山本裕子(2013/04/26)

  • 12年間に渡り撮影を続けた話題作『6才のボクが、大人になるまで。』第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた!(2014/08/12)

  • 英国最高の巨匠、テート・コレクション待望の大回顧展! 世界一のコレクションから至高の風景画が一挙上野に!!「ターナー展」(2013/05/31)

  • 表参道タイカレーの店、ラーイマーイ!元々クリーニング店だったこの場所が、今はふらっと寄りたくなるタイ料理店!(2013/11/26)

  • 2014年2月 46歳という若さでこの世を去ったフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作『誰よりも狙われた男』(2014/10/17)