ロゴ
SPACE EXPO

宇宙博 2014 -NASA・JAXAの挑戦 

THE GREAT CHALLENGE OF NASA/JAXA 7.19-9.23

 

 オランダ、スペイン、トルコなどを巡回したアメリカ航空宇宙局(NASA)公認の「NASA展」(NASA:A HUMAN ADVENTURE展)と、日本限定の「JAXA展」が同時に実現した国内最大級の宇宙イベント、『宇宙博2014』が2014年7月19日(土)〜9月23日(火・祝)まで幕張メッセにて開催される!!

NASAと宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力により、宇宙開発の第一歩から最新の活動までを一望することができるこの展覧会では、NASA製作火星探査車「キュリオシティ」実物大モデル機が米国外で初めて展示されるほか、「きぼう」日本実験棟 (実物大モデル)の内部に入れる体験型展示が行われるなど、約9,000m2という大フロアに、実物大モデルや貴重な実物資料など合計400点以上の展示品が並ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 宇宙博1公式サポーターの爆笑問題が登場!!

実物そっくりに作られた宇宙服を着てきた太田は、「レプリカだったらもう少し軽いのを作ってくれればいいのに。」と、身動きをとりづらそうに一歩ずつ登場。

一方田中は、「僕らは宇宙に憧れる世代だと思いますね。宇宙ステーションが当たり前で、日本人の宇宙飛行士の方もたくさんいて、はやぶさみたいな奇跡的な出来事がおこって、どんどん宇宙が身近に感じていますので、宇宙博でもっと宇宙をもっともっと身近に感じたいなと思っています。」と挨拶を行った。

  

宇宙博2

監修者 的川泰宣・JAXA名誉教授

「宇宙というと地球から遠くに行くイメージがありましたが、宇宙開発も100年くらいたった今では長く滞在をして、そこから地球をひとつの星として見るという立場が確立し始めていますね。今回の展示会では、JAXAとNASAが行ってきた研究を走馬灯のように思い起こしながら、新しい史学をこの夏に作ってもらいたいと思います。」

 

【爆笑問題の宇宙教室】 

ゲストにJAXA宇宙飛行士 星出彰彦氏を招き、爆笑問題の宇宙教室が開催された。

宇宙博1-2

Q:キュリオシティは火星で何をやっているの?

 

的川「火星というと、火星人がいるのではないかと話題になっていましたが、実際に行ってみてもいなかったんです。でも、水が見つかったので、微生物ならいるのではないか、生きているもの何かしらいるのではないか、あるいは昔はいたのではないか、と、今生命との関係を一番期待されているのが、火星なんです。なので、生物がいたような環境があったかどうかを調べるために、動かしているんですよね。」

太田「これ、動くの!?すごいね。人が動かしているんじゃないよね?」

的川「これはリモコンで動かしているんです。レーザーを出してください」

太田「これで攻撃するんだ」

的川「これで岩を砕いて何が入っているのか調べるんですよ。キュリオシティは45度、75cmまでなら大丈夫って言われていますから、田中さんなら乗り越えられるんじゃないですか?」

田中「もう少し身長あるわ!」

的川「本物は火星にありますが、会場では実際にNASAの作った実物大が展示されるんですよ。NASAで作ったものが海外に運ばれるのは初めてだと思うので、是非見てもらいたいですね!」

 

※公式キャラクター「キュリオくん」

 

 

Q:ISSでのくらし、ハッキリ言って、どうなのよ?  

 

田中「宇宙ステーションのような閉鎖された空間で、何ヶ月、何年も生活するというのは、どうなんですか?」

星出「行ってみると、普通の日常生活なんです。朝起きて、顔洗って、ごはん食べて、っていろいろとありますけど、」

太田「朝ってどういうこと?ずっと夜でしょ?」

星出「昼夜が1日16回あるんですよ。なので時計を見て生活をしているんですよ。食事は数百種類もあるので、その中から好きなものを選ぶんですよ。」

太田「美味しくないでしょ?」

星出「それが結構美味しいんですよ。日本食もあるんですよ。」

太田「自宅と比べてどうなの?」

星出「それは自宅の食事の方が美味しいですけど、いろいろな種類があるのは、有り難いですね。寝るときは、寝袋に入る状態ですね。宇宙では、寝袋に入って固定される感じなんですよ。」

田中「無重力だからフワフワ」

太田「寝返り打っただけでどっかいっちゃうもんな。」

田中「48度の睡眠ってちょっと想像できないね。どうなんですか?」

星出「結構快適に寝られましたね。人によっては、頭を枕に押し付けられている感覚がないと寝づらいという人もいて、頭を押さえている人もいましたね。」

田中「夢とかもみるの?」

星出「私は見なかったですね。人によっては見るひともいるんじゃないかな。」

宇宙博2014

太田「飛んでいる夢を見ることがあるけど、起きたら宇宙だったってなったら、夢よりこっちの方がすごいじゃんってなるよね。」

星出「それからトイレは、銀色の管に溜め込んで、後で捨てるんです。」

太田「臭いとかする?」

星出「実は、ファンがついていて、吸い込む感じなんです。管を空ける前に、ファンを回さないといけないということを、訓練されるんですよね。」

太田「なるほど、そうしないとウンコ飛び返ってきちゃう。」

田中「それは最悪」

太田「その溜めたのは、宇宙空間に放出しているわけ?」

星出「フィルターで除去をしているんですよね。トイレも慣れると楽ですよ。」

太田「地球上よりうんと気張らないと出ないとか、ないの?」

星出「実は最初の3日くらいはやっぱり慣れなくてしづらかったんですけど、その後はまったく問題なかったですね。」

太田「逆に地球に帰ってきてからは、出てしょうがない、とかそういうのはなかったの?」

星出「それはなかったですね。」

太田「ウンコが止まらない」

田中「それはない」

MC「実際に宇宙博では、きぼうの実物大の中に入られるようなものもございますので。」

太田「じゃぁ、ここでウンコを」

田中「しない。でも、実物大を体験できるのはいいですね。」

 

 

 

関連記事

  • 12年間に渡り撮影を続けた話題作『6才のボクが、大人になるまで。』第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた!(2014/08/12)

  • わくわくレシピ 家族が集まる特別な日は、やっぱり手作りでお祝いしたい!!皆で囲みたい『お祝いごはん』(2012/08/31)

  • 直木賞作家・角田光代の長編小説「紙の月」がついに映画化  
吉田大八監督 × 宮沢りえ (2014/08/23)

  • 日本産業発展と共に走り続けた伝説のデザイナー栄久庵憲司インタビュー 『小さな一片までデザイナーでありたい』(2013/03/01)

  • 日常に咲く一輪の花のように 心穏やかに、優しく響く彼女の唄声! そして彼女とジブリ映画の出会いとは?手嶌葵インタビュー(2013/06/27)

  • 日本で初めてのダニエラ・グレジス企画展が、ギャラリー フィール アート ゼロで開催された!!(2011/01/10)