今注目の音楽ユニット『水曜日のカンパネラ』とは一体何者なのか?

そして完全にスパークした謎の美女 コムアイとは?

NOSVISでは、ここから数回にわたってこの水カンについて徹底解明してみたいと思う!!そんな第一弾は、水曜日のカンパネラ入門編 水カンとコムアイの魅力を 簡単な説明とふんだんな写真を通してお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
テスト 水カン雑誌感覚1水カン400×600水カン600×600

 

まず始めに、この『水曜日のカンパネラ』とは、ボーカルのコムアイ、サウンドメーカーKenmochi Hidefumiそして謎の立役者Fの三名によって構成されている。 テクノポップなメロディーにコムアイの言葉遊びのような、いっけんソフトな雰囲気とキュートな歌声が加わり、全くの新感覚POPが展開されている。

正に相反する感覚同士のぶつかりあい ミスマッチが起こす奇跡=ベストマッチだ!

 

不定期に行なわれるライブでは、音楽だけでなく きわどさを感じる鹿の解体、意味不明 落語会など、とにかくハチャメチャなパフォーマンスを展開しており、 先日行なわれたミュージックビデオ製作監督を集めたイベントでも監督達に各MVのプレゼンをさせ、人気投票をおこないトップ1名の監督のみギャラをもらえる争奪戦などもおこなわれた。 とにかく水曜日のカンパネラというユニットの中毒性に関しては、要注意である。

 

また2013年3月より本格的にライヴ活動を開始して以来、5月に『クロールと逆上がり』をリリース、10月には『羅生門』、2014年3月に『シネマジャック』11月に『私を鬼ヶ島に連れてって』をリリースを怒濤のアルバムリリースを行ない2015年3月29日には、初ワンマンライブ「鬼ヶ島の逆襲」を東京・LIQUIDROOMで開催することが決定しチケットはすでにソールドアウトとなった。

関連記事

  • 奈良美智氏や村上隆氏をはじめ、数多くの現代作家を発信し続ける、小山登美夫ギャラリー 代表 小山氏にお話を伺った。(2012/12/31)

  • 作品の持つ威厳や、奥ゆかしさを自然と感じられる、まさに日本らしい美術館『根津美術館』そんな根津美術館の魅力を伺った!!(2013/02/15)

  • 1990年代をリードした、写真家・高橋恭司「異展 ザ マッド ブルーム オブ ライフ」から見た新時代とは(2012/02/05)

  • 興行収入90億円! インド映画歴代No.1の興行収入を記録の話題作『チェイス!』!!ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ監督インタビュー(2014/12/04)

  • 焼き茄子(2012/02/23)

  • 日常に咲く一輪の花のように 心穏やかに、優しく響く彼女の唄声! そして彼女とジブリ映画の出会いとは?手嶌葵インタビュー(2013/06/27)