粋とは気取らぬこと! 地元にある行きつけのお寿司屋さん すし処「鮨けん」 高級寿司店もいいかもしれないけど、こんなお店が好きだな〜!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

熱々の赤出し

 

鮨のオススメはなんといっても、ネギトロではなく「エシャトロ巻き」。

 

シャキシャキっとした歯ごたえと、さっぱりとしたエシャロットが、トロの旨味を引き出し、あっという間に1本食べきってしまう。巻物はエシャトロだけでなく、口休めに最適なサビ巻きも欠かせない。

 

それから、ここ鮨けんの赤出しは、びっくりする。
まず、びっくりするほど熱い。

しかし熱すぎるのに、香りがいい。それから、ぎゅっと身と旨味が詰まったアサリがゴロゴロと入っていて美味しい。なんでこんなに熱いのに美味しいのか、いつも疑問に思いながらも、赤出しを頂くとほっとする。

 

そんな赤出しと一緒に頂く握りは、ネタを邪魔しないいい塩梅の小さめのシャリなため、たくさんの新鮮なネタを味わえる。

さきほど肴で頂いたホッキ貝は、握りにしてもやっぱりうまい。貝のにぎりと肝の軍艦と2種類味わえ、これまたシャリとよく合う。ホッキは炙ることでこんなにも甘みが増すのか、と再度驚き、改めて旨さをかみしめる。

烏賊詰めや穴子のタレも甘すぎず、ネタの合間合間に次々と注文してしまう。

 

 

 

関連記事

  • 彼の周りには、穏やかな時が流れている プロサーファー 瀬筒雄太(2010/08/15)

  • 父親の倒産、共に立ち上げた兄の早すぎる定年退職、紆余曲折の20年目 明和電機 土佐信道インタビュー!!(2013/04/27)

  • 画家、木原千春  彼女が「Vitalism2」で描いたのは、日本人にとって柱にもなっている干支だった。 色、形、空間の持つ意味とは……。(2013/11/02)

  • 髙橋恭司展『果色(けしき)』Supported by Tupperware®(2013/09/27)

  • 心が温かく、元気をもらえる最高にハートフルな映画『はじまりのうた』ジョン・カーニー監督インタビュー!!(2015/02/04)

  • 若い世代の写真家達に多大な影響力を与え続けている写真家 髙橋恭司の作品展『果色』が開催される!(2013/09/24)