『クラッシュ』ではアカデミー賞(R)作品賞、脚本賞を受賞したポール・ハギス監督が、新作『サード・パーソン』を引き連れ登場!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

映画『サード・パーソン』 ポール・ハギス監督 インタビュー

2014年6月20日(金) 全国ロードショー 

 

 

脚本家として『ミリオンダラー・ベイビー』を手がけ、2004年の監督一作目の『クラッシュ』ではアカデミー賞(R)作品賞、脚本賞を受賞したポール・ハギス。その後も脚本家として『父親たちの星条旗』『oo7/慰めの報酬』などで活躍し、監督として『告発のとき』『スリーデイズ』など多くの名作を作り上げてきた。そんな彼が、2年半にも渡り作品と向き合った、という最新作『サード・パーソン』が2014年6月20日(金)ついに全国ロードショー。
本作では、パリ・ローマ・NYの3つの街、3組の男女の物語を綴りながら、愛や信頼、そして裏切りが交錯するミステリーのような世界を作り出す。

 

  

 【STORY】

〈パリ〉 最新小説を書き終えるために、ホテルのスイートルームにこもって仕事をしている、ピューリッツァー賞受賞作家のマイケル(リーアム・ニーソン)。妻エイレンとは別居して、野心的な作家志望のアンナ(オリヴィア・ワイルド)と不倫関係にあるが、アンナにも秘密の恋人がいる。

 

〈ローマ〉 いかがわしいアメリカ人ビジネスマンのスコット(エイドリアン・ブロディ)は、ファッションブランドからスーツのデザインを盗もうとしていた。ある日訪れたバーで美しくエキゾチックな女性に一瞬にして目を奪われたスコットは、彼女が娘と久しぶりに再会しようとしていることを知る。そして密輸業者から娘を取り戻すためのお金を盗まれたと聞いたスコットは、彼女を助けたい衝動に駆られる。

 

〈ニューヨーク〉 昼メロに出演していた元女優のジュリア(ミラ・クニス)は、6歳の息子をめぐって有名なアーティストである元夫のリック(ジェームズ・フランコ)と親権争いの真っ最中だった。経済的支援をカットされ、膨大な裁判費用を抱えたジュリアは、かつては頻繁に泊まっていた高級ホテルでメイドとして働きはじめる。ジュリアの弁護士であるテレサ(マリア・ベロ)からは、裁判所の心証を変えるため、精神科医の鑑定を受けることをすすめられているが——。

 

 

傷つき、傷つけ、虚しさを抱きながらも、それでもまた愛を求める男女。

彼らの行き着く先とは——。

 
 

 

 

監督・脚本・製作を担当したポール・ハギス氏に、話を伺った。 

 

 

——監督は、ご自身が理解できないような事象について筆することを好む、ということをお聞きしたのですが、その場合、どのようにして書き進めていくのですか?また、今回の役にご自身を当てはめましたか?

 

実は、どのキャラクターも自分が投影されています。それは、今回の作品に限らず、『クラッシュ』や『告発のとき』もそうなんだけど、自分が彼らの人生を生きていたらどうするのか、彼らがおかれた状況、人生の基点に立ったときに自分だったらどうするか、という問いかけをしながら書いていくんです。それは時に、自分自身にとって、とても辛い質問にもなりますよ。

前作の『スリーデイズ』でも、愛する者のために自分はどこまでいけるのか、また、相手のことを信じられなくてもそれを許容しながら生きて行けるのか、ということを自問しながら作った作品でした。

今回は、本当に沢山のものを深く深く掘り下げたいと思って、自分とは全く相容れない観点から自分に問いかけていきました。

 

 

——モニカもアンナも男性を翻弄しているように見せながらも、実は彼女たち自身が苦しんでいるように見えたのですが、監督からみた「女性」とは?

 

あははは!!僕が分かっているのは、女性の方が常に正しいということぐらいかな。笑

今までの僕の経験だと、全く女性のことが理解できない瞬間というのが必ずありました。自分のことを彼女たちに「あなたって、こういう風だと思う」ということを言われたときに、クレイジーではないかと納得できないこともありました。でも、そういうときは、まず椅子に腰掛けて考えるんです。もし相手の言い分が100%正しかったら?って。それがつまり、自分とは相容れない視点や、同意見ではない視点から考える、ということにもなるので、その作業から自己探求をしていきます。自分が全て正しい、と思っていると、全く面白い映画にならないんですよね。

 

本作の場合、女性たちは自分にとって一番良い行動をとっていないんですよね。それは男性にも言えることなんですが。自分にとって一番良い行動とは真逆の行動をしているなかで、ときに求めていたものが手に入ったり、入らなかったりもするんだよね。

男性も女性も、共通しているのは、「自分を守る」ために甲冑で身を守っていることだと思うな。でもその保身の仕方が、女性の方が正直で、見えやすい保身の仕方をするように思うんです。今回の女性たちも怒りだったり、誇りだったり、いろいろと相手を遠ざけるような行動をしているけど、容易く見ても、愛を求めているんだな、包容してもらいたいんだな、ということも伝わりますよね。でも、男性の方は、自分はそんな者ではない、というフリをしているから分かりにくいんです。

 

今回の作品では男性のキャラクター全員が、女性に対して、あなたを助けさせて。という風に言うわけですよね。でも、それは全く真実ではなくて、結局は自分たちを助けたいために、そう言っているんですよ。マイケルの場合、自分の脆さというのが彼なりの保身の仕方なわけなんです。

 

 

続きを読む>>

 

関連記事

  • 3年間で無敵の52勝を挙げ、日本のレーシングシーンを騒がせ伝説を作ったスカイラインGT-R☆(2010/06/13)

  • 病気になったバーテンダーの一日9皿のおいしくて体にやさしい食事!!藤村公洋さんの「罪ほろぼし レシピ」(2012/12/12)

  • 12年間に渡り撮影を続けた話題作『6才のボクが、大人になるまで。』第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた!(2014/08/12)

  • 世界三大飲料のひとつ「マテ茶」の魅力とは?マテ茶協会 会長北島さんが、教えてくれた!!(2012/04/15)

  • アート界の魔人!世界的サイデリック・マスター 田名網敬一が新たに仕掛けるTシャツという名の爆発弾!! (2012/05/14)

  • 児玉奈央(2010/08/29)