• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

画廊として作家にもとめることは何ですか?——

自分の作品が美術史の先端にいる自覚をもってほしい。当然美術史に対する知性が不可欠となる。

 

画廊として大切にしている感覚を教えてください。——

この風土から生まれる作品の質の特徴を感じられるように、身体の感覚を磨くこと。
たとえば言葉や食なども自覚して体感することが大切です。

 

今後の画廊のあり方を教えてください。——

日本というローカリティーをグローバルな視点からとらえ、ポスト近代の表現をアーティストと共に創りたい。

 

東京画廊+BTAP【Tokyo】
住所:〒104-0061
東京都中央区銀座8-10-5 第4秀和ビル7階
Tel:+81-3-3571-1808
開廊時間:火〜金 11:00AM-7:00PM 土 11:00AM-5:00PM
休廊日: 日曜・月曜日・祝日

東京画廊+BTAP【Beijing】
住所:8503#, Ceramics Third Street, 798 Art zone E02, 4Jiu Xian Qiao Rd., 
Chao Yang District, Beijing, 100015 CHINA
Tel:+86-10-5978-4838
開廊時間:火〜日 10:00AM-6:00PM (11月~3月10:00am – 5:00pm)
休廊日: 月曜日・祝日 

関連記事

  • 注目の話題作!! 映画『KANO』スペシャルインタビュー 感動の実話に、ぐっときた!(2014/03/20)

  • ぽっと温かい明かりが灯る一軒の古民家に、ひとりのバリスタがキューブの枠の中に!!OMOTESANDO KOFFEE(2012/12/13)

  • 小林画廊-Kobayashi Gallery-(2012/07/18)

  • ゴーヤとツナと豆腐のサラダ(2012/02/22)

  • 音楽と人と自然が、共にある贅沢な野外フェスWIND BLOW 2010 潮風香、海の音と共に(2010/08/30)

  • 摩訶不思議☆『水曜日のカンパネラ』とは一体何者なのか? そして完全にスパークした謎の美女 コムアイとは?(2015/04/06)