上野駅から徒歩5分、終戦直後から続く焼き肉屋

ホルモン料理 とらじ亭!!今日も赤い看板にさそわれて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

焼肉・ホルモン料理 とらじ亭 

座布団に座ると同時に注文するのは、センマイ刺と豚足、そしてビール。僕の中では、一杯目はビールと決まっているのだ。付け出しに出てくる豆もやしのナムルも、ごま油と塩分の塩梅が良く、度々おかわりをもらうこともある程うまい。豆もやしのナムルと、カクテキ、白菜キムチをつまみながら、ビールで喉を潤すと、ちょうどいいタイミングでセンマイ刺と豚足が運ばれてくる。


と、偉そうに話しをしてみたものの、この注文の順番は、初めて訪れたときに発見したものではなく、上野でロイドワークスギャラリーを営む井浦さんの請負である。井浦さんもまた、お父さんと親子二代で、長年足しげく通う「とらじ亭」のファンの一人である。
2杯目からは、そんな井浦さんもおすすめの白(マッコリ)を頂く。フルーティーな香りの白は、軽めで飲みやすく、軽快に本数を重ねてしまう。

ここの小袋刺しもうまいが、この日は大将のお勧めで、すい臓刺しを注文した。

すい臓刺しは、細かく刻まれたすい臓と、エゴマの葉と少し辛めの酢醤油で和えてあり、さっぱりとしており、これもまた絶品だった。

 

[画像]メイン写真:お通し 豆もやしのナムル、カクテキ、キムチ 1.左:お通し豆もやしのナムル 右:センマイ刺 600円 
2.豚足 600円(白みそをベースに、コチュジャンや酢を使用したオリジナルのタレをつけて。) 3.膵臓のお刺身 時価

 

関連記事

  • 音楽がつなぐ予想外の出会いと、 最高のはじまりの物語!!映画『はじまりのうた』クチコミパワーで5館から1300館へ異例の大ヒット!!(2015/02/05)

  • ソフィア・エドストランドによる、クチュールアクセサリーブランド『Sophia203』「もの作り」とは?(2012/12/14)

  • 西村画廊 -NISHIMURA GALLERY-(2012/07/18)

  • 語り継がれる伝説の戦国武将 真田幸村の講談に伝わる禁断の物語がついに映画化!!講談で送る 脳内スペクタル!(2015/11/23)

  • 朝崎郁恵Live at 福嚴寺(2012/10/11)

  • すっぱくって、しょっぱくって、梅干しの香りが つーんと鼻を抜ける懐かしの「おばあちゃんの梅干し」作り(2011/07/30)