映画『追憶と、踊りながら』 ホン・カウ監督インタビュー

 

これだけ詩的で美しく穏やかな映画を見たのは、何年ぶりだろう。

陶磁器を思わせるような滑らかで美しい映像

決して作品の中だけではない日常のリアリズム 感情のリアリズムがこの作品に閉じ込められていた。

そっと静かに お互いの感情がぶつかり合い 重なり合い 静かで穏やかな時が流れていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

『追憶と、踊りながら』 新宿武蔵野館、シネマ・ジャック&ベティ他全国順次公開中

 

『STORY』

息子の真実を知らない母、真実を隠し続けようとする恋人。
悲しみが二人を分かち、そして二人を結びつける。

初老を迎えたカンボジア系中国人のジュン(チェン・ペイペイ)。ロンドンの介護ホームでひとり暮らしている。英語もできない彼女の唯一の楽しみは、息子のカイ(アンドリュー・レオン)が面会に来る時間だった。優しく美しく成長した息子のカイ。言葉のわからない彼女にとって、息子のカイだけが、ロンドンと彼女をつなぐ存在だった。

ジュンの気がかりは息子が友達に優しすぎること。なぜカイは、友達のリチャード(ベン・ウィショー)と暮らすのか。そのために自分をこんなホームに入れるなんて。大切なのは家族なのに。そんな文句をカイに言うが、彼は返事をはぐらかし、明日のディナーを自分の家で、とジュンを誘う。

「明日、ディナーに来てくれるよね」「もちろんよ」
「料理もしてくれる?」「あたりまえよ」

カイは自分がゲイで恋人リチャードを深く愛していることを母に告白できず悩んでいたのだ。そして訪れる、突然の悲しみ。孤独なジュンを心配したリチャードは、カイの”友人”を装ったまま、ジュンの面倒を見ようとするが……。
違う文化、違う世代を生き、言葉も通じないジュンとリチャード。愛する人を失った痛みを共に感じているのに、愛ゆえに大きな亀裂が生まれてしまう――。

 

監督・脚本:ホン・カウ

出演

リチャード:ベン・ウィショー Ben Whishaw
ジュン:チェン・ペイペイ Cheng Pei Pei
カイ:アンドリュー・レオン Andrew Leung
マーガレット:モーヴェン・クリスティ Morven Christie
ヴァン:ナオミ・クリスティ Naomi Christie
アラン:ピーター・ボウルズ Peter Bowles

主題歌:「夜来香」(李香蘭)

後援:ブリティッシュ・カウンシル 配給:ムヴィオラ

公式サイト: www.moviola.jp/tsuioku

関連記事

  • 地元宮崎のためにつくった「喜びと悲しみのメリーゴーランド」初披露Ucoca!!(2010/08/30)

  • ふらっと立ち寄り、ぐぐっと一杯ひっかけたいお店 青葉おでん横町「藤の家」(2012/08/17)

  • 表参道の裏通りにフランスの香りを感じられる一軒のお店がある『 L’EPICERIE/ブレッツカフェ』(2014/08/01)

  • 一針一針が作り出す心情の一枚!しょうぶ学園「Nui Projectシャツ」展 施設長の福森伸さんの思いとは?(2012/11/01)

  • 15歳だったすべての人へ  あなたは、15年後の自分にどんな言葉を贈りますか? 映画『くちびるに歌を』三木孝浩監督インタビュー(2015/02/27)

  • 蔵丘洞画廊 -Zokyudo Gallery Kyoto-(2012/07/18)